スポンサーサイト

  • 2017.03.10 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    千葉マリンハーフ1週間前に45km走る

    • 2015.01.13 Tuesday
    • 14:29
    今年の初戦 千葉マリンハーフマラソンの1週間前なのですが、
    あまりに天気がよく、一人三浦半島縦断トレイルを敢行。

    私のトレイル大会初出場の思い出深いコース。

    今回はゴール地点からさらに自宅まで自走と言う設定。

    今年はまだ開催日程が決まりませんが、ぜひ開催して欲しいですね。

    快晴の日曜でしたが、天園周辺以外は、ハイカーさんも少なく、スムーズにラン出来ました。


    三浦富士登り口


    畠山

    コースのハイライト大楠山に向かう横横道を横断する高架が通行止めで、迂回路になっていました。
    迂回路は従来大楠山を超えて沢沿いに下り切った階段のところから大楠山にアクセスするルートであり、もし今年開催される場合もかなりのルート変更が強いられそうです。

    京急長沢から自宅まで45km、約6時間で走破し、クタクタになりました。

    バッキバキの体を近所のマッサージりらくで2時間バッチリほぐし、千葉マリンまで毎日お仕事です…。

    千葉マリンハーフはトレーニングとして、ネガティブスプリットをハーフマラソンでは初めて試す予定です。

    回復しますよーに!

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
    にほんブログ村

    三浦半島縦断トレイル 個人タイムトライアル決行!

    • 2014.02.21 Friday
    • 20:06
    伊豆トレイルジャーニーも積雪の多さから中止の可能性が出てきたようです。
    2014シーズン前半は受難の開幕となりそうですね、、、

    記録的積雪の山梨を通るUTMF,STYも他人事ではないはずです。
    なんとか早く春が来て雪を溶かしてほしいものです。

    ただ、伊豆方面は3月に入ればかなり暖かい日も数日間はある可能性があり、主催者の事情は大変よくわかるものの、一ヶ月前の決定では大会当日は実は全然大丈夫だったという事もあるかもしれないだけに、決断のタイミングは悩みどころでしょう。

    さて、私は先週開催されるはずだった私のトレランデビュー1周年記念、三浦半島縦断トレイル中止があまりにも無念で、STYに悔いのない準備をして臨む為にも残雪のバットコンディション覚悟で、ひとり三浦半島縦断トレイルを開催してきました!



    三浦海岸駅前は河津ザクラが綺麗に開花。


    駅前広場で河津桜まつりらしき出店が並び、三浦名産品が色々。つい買い物をしそうに…。


    大会と全く同じスタート地点から個人タイムトライアルスタート!
    幸い今日は暖かい快晴。大会が1週遅ければこのビーチにたくさんのランナーが集ったはずなのに、、、

    大会通りのスタート地点から海岸を一人走り出します。

    今回はSTYに向けた新調したULTIMATE DIRECTION SJVには
    STY必携品であるベッドライト、サブライト、スペア電池(単3、単4を各3本)バイバルブランケット、レインパンツ、レインウェア(ともにmont bell バーサライト) フリース保温ウェア、ニットキャップ、ファストエイドキット、レイドライト750mlボトル2本、補給食類 +念のため簡易アイゼン 
    の約3.5kgのバックを装備してのタイムトライアル。

    ボトルはRAID LIGHT のストロー付きに交換
    片方にアミノバイタルエナジージェル3本450kcal分、片方にスポドリ

    スタートしてビーチから三浦富士入り口に向かう入り口を見失いいきなりロスト、京急長沢駅前まで行ってしまう。
    いつも試走は長沢からしていたツケが来た。


    トレイルにはまだ大会のコースガイドテープがまだ残っており、最新のコース通りに進むが、武山の新しい左から巻いてチェックポイントへ右折する場所のガイドテープが、おそらくいたずらと思われるが直進方向へ二枚かかっており二度目のロスト。
    しかし、明らかにこれは武山に向かっていないと感じ、5分ほどでUターンし、コース復帰。

    さすがは温暖な三浦半島。三浦富士、武山まではほぼ雪もなく、十分に走れました。

    コースが、北側斜面を通る箇所はやはり残雪が多く、走れない箇所が頻繁に出てくるものの、万里の長城から住宅地に出るまでは比較的走れました。

    大楠山の頂上手前ゴルフ場横を左から巻くコースは積雪40cmで通行不能のため、ゴルフ場脇の下りルートから登る。
    大楠山から不動橋に向けての下りの残雪は酷く、かなり危険。ほとんど走れず、倒木だらけで、乗り越えたりハイハイでくぐったり。。

    出来れば5時間切りを目指していたが、これだけ障害物競走になっては、難しそう(*_*)
    しかし集中を切らさず、フラット区間や雪のない下りは徹底的に攻めた。

    15kmぐらいからいつもの右膝痛が発生。どうしてだろう?
    この膝痛は頂けない。15kmで痛んでは84kmなど到底無理では?なんとか改善したいが・・・

    しかし結構痛みが増幅し、やむなくロキソニンを飲む。ロキソニンは実に良くに効く。でも原因を突き止め、ロキソニンの世話にならずに痛みが出ないようにしたい。

    幾つもの倒木や、雪の重みで左右から完全に道を塞ぐ竹やぶを掻き分け減速を余儀無くされつつも、ほぼ中間点の不動橋は2時間10分ぐらいで通過。

    しかし、ここからの新ルートもかなり大きな倒木や竹やぶが道を塞ぎ、乗り越えくぐり、掻き分けての減速ゾーンが連発。
    なんとかコーステープを見つけて進むが、またもや新コースの乳頭山の巻き道でテープがなく、ロスト(*_*)

    5分ほど進むが、何か間違った方向に進んでいる気配を感じ、iPhoneでチェックするとやはり違う方向へ進んでいる。かなり下ってしまい、ロープの急登をよじ登り10分ほどかけて正規ルートへ復帰。

    集中が切れかけたが、STYの60km以降はこれ以上の困難があると考え、なんとか持ちこたえ集中し続ける。
    なんとかペースを取り戻したが、沼間に下る何度も走ったはずのトレイルであまりの倒木で景色が変わってしまい再度プチロスト。すぐに気づき戻るが、すでにロストだけで20分はタイムロスしている。

    沼間のファミマでものすごい速さで500ml缶コーラを買い、空になったボトルに入れて多分40秒ぐらいでピットアウト。鷹取に向けて走る。結局補給はこのコーラと、六浦のチェックポイントの公園で水道で300mlほど水を補充したのみ。

    障害物のせいで思うように走れず、足はまだまだ動く。
    最後まで5時間切りを諦めず、走れる区間はかなりプッシュ。
    沼間のファミマあと、トレイルに入り鉄塔の有る登りのあとの鷹取山に向かう一瞬の急な下りが、ドロドロのツルッツルで脇の笹薮を握りしめながらでないと下れない。放したら滑り落ちる・・・

    鷹取からのロープ場下りは残雪が多く、かなり危険。
    六浦へ向かう笹薮も胸の高さまで左右から笹が垂れ下がり、かき分けながら進む藪漕ぎラン。

    六浦の公園を3時間20分ぐらいで通過。残り1時間40分で走りきるのはかなり厳しいが、やれるだけやってみよう。
    これだけ厳しいコンディションでも、少なくとも去年の自分5時間25分は超えたい。

    六浦からは比較的走れるセクションが多く、フラット区間のペースをなるべくプッシュして、走れなかった分を取り戻すつもりで走る。
    朝比奈辺りから下りや北斜面、谷間の道の雪がかなり多くなってくる。

    4時間で切り通しを通過し、Cat xing 看板を通過して天園後にでる最後の新ルートへ。
    しかし・・・

    この天園への新ルートが、前回試走した時の予測通り、いや予測を遥かに上回るひどい状態だった。
    積雪は足首より遥か上まで約30cmで、シューズが完全に埋まってしまう上に、元々生い茂っていた木々や笹薮がめちゃくちゃに道を塞ぎまくり、沢は増水して完全な川となり、走るどころかまともに歩くのもままならない状況。
    必死に木をどかし、笹を乗り越えたりくぐったり、どう工夫しても川に入らずには通れない所が何カ所も有り、凍てつく雪解け水に足首までじゃばじゃば入って川を渡り、終盤は谷間を流れる川を上るしか無く、氷水の中を川登り。。。
    くっそ〜ここまで来て5時間切りをあきらめるしか無いのか・・・

    4時間35分でなんとか登りきり、いつもの天園〜いっしんどう広場ルートへ出た。いっしんどうまでは約7km。25分ではまず無理だ。でも最後の新ルートの藪漕ぎサバイバルアスレチックルートで、ペースの上げようが無かったため、足がかなり回復しており、最後のゴールまでのフラットロードはかなりのペースで攻めた。
    残雪も多く、雪が無い所もドロッドロの為、ハイカーもほとんど居ない。

    行ける所はkm5分台で攻める。予想以上に体が動く。足は泥だらけだが体は軽い。
    トレイル出口のいっしんどう広場に4時間54分でついた!!我ながら速い!!
    もしかすると!!のきもちで全開で港南台の町へ駆け下りる。ここでkm4分台が出る。
    4分台が出たのはスタート直後とゴール直前のみ。

    環状線を渡りゴールの港南台公園へあと少し!全開で走る!!4時間58分!!
    どりゃあああ!!!
    50秒、52秒、53秒!!

    うおおおおお!!4時間だいいいい!!!
    全力ダッシュし港南台公園へ飛び込んでガーミンをストップ!!

    タイムは!!??

    5時間00分01秒!!!
    うわああ、1秒間に合わず〜〜〜!!



    iPhoneImage.png
    港南台公園にゴール!1秒間に合わず!!
    しかし、ドロドロです。
    アラフォーでこんなに泥だらけなんて、、、

    しかし、計4回のロスト。至る所に有った倒木や、笹薮こぎ、本来は走れるはずの残雪の走れない北斜面等の状況を踏まえると、通常のコンディションならどんなに少なく見積もっても後20分は早くゴールできたはずだ。

    なのでこれだけひどいコンディションの中での5時間00分01秒は、自分としては今の状態が決して悪くなく、昨年のグッドコンディションで走ったデビュー戦5時間25分からも単独走でこれだけタイムを更新できた事も自信になった。

    まだしばらくは丹沢も厳しいだろうから、おそらく首都圏で非常に限られたしっかり練習になる貴重なトレイルとして、しばらくは三浦にお世話になり、すこしでもベストなSTYへの準備を積み上げていきたい。

    そして、今回初めて実戦的な使用をしたULTIMATE DIRECTION SJV、非常に良かった。
    最初満タンの750mlボトル2本はさすがに左右にスイングする感じが有ったものの、それほど大きなストレルは無く、500mlぐらいになるとほぼ揺れなくなった。
    STY必携品を携帯し、バック総量は3.5kg程度になったが肩部分のベルトの幅が広く、面でとらえる為、肩こりも無かった。
    バック位置が非常に高いため、腰への負担、特に私の多用する前傾で膝をプッシュするスタイルの時に負担が多いだろうと予測したが、意外にもエンデュランスベルト使用時よりも腰が固まったり、背筋痛を起こす事は無かった。

    始めはさすがに重さを感じ、走りが重かったが、すぐに体になじみ、積載量に対して体のストレスは非常に少なかったと言える。

    ボトルサイドのポケット、肩ベルトのポケットには補給食を入れ、ボトル下に配置される小ポケット片側にはロキソニンやガスター、カフェインタブ等錠剤を入れ、反対側にはアミノバイタル、プチサラミなどを入れた。
    それぞれ走行中、歩行中にそれなりにアクセスしやすく、基本的にはすべてこのフロント部のアクセスで事足りた。

    背中のメインバックにはレインウェアやサバイバルブランケット、背中外部のポケットにライト類とスペア電池、背中から脇下にまたぐポケットに携帯、鍵、ファストエイド等使用頻度の低い携帯品を収納した。
    この収納分別はおおむね正解だっただろう。STYでは補給食の携帯がさらに倍になるので、背中部分に予備補給を追加する事になるだろう。

    私にとってはかなり高い投資だっただけに、実戦での印象がとても良かったのでほっとしている。

    一番心配していた膝プッシュのパワーウオーク時も問題なく膝を押せたし、私に合ったバッグだと再認識。
    今後もなるべくこのバッグを使用して重量に慣れ、このバッグを使いこなせるようにしていきたい。

    ゴール後は自走でおふろの王様へ!
    トレイルの後は何が何でも温泉ですよね!!

    奇麗になったおふろの王様、お気に入りの炭酸泉を堪能し、ゆっくり体をほぐし、食事どころでメロンフロート、豆腐ささみサラダ、かつカレーを堪能。この瞬間が本当に至福の時間ですね。

    本当に心が満たされます。苦しい時間が長ければ長い程、コースに困難が多ければ多い程、終わった後の充実感と、セロトニン、エンドルフィンがひたひたに満たされる心地よい脳の感覚は、間違いなくトレイルランニングは、私が苦しんだ鬱病に劇的な効果が有ると確信しています。



    〆はやっぱりこれしかありません!
    新しくなったお風呂の王様最高です!
     

    三浦半島縦断トレイル 21日金曜に、、

    • 2014.02.19 Wednesday
    • 15:40
    三浦半島縦断トレイルに続き、高尾天狗トレイルも中止になったそうですね。
    大変残念でなりませんが、いまだ孤立し帰宅難民などになっている部落もあることを思うと、致し方ありません。
    しかし、この時期の大会に出られないということは伊豆トレイルジャーニーやUTMFを目指すランナーたちには少なからず影響を与えているかと思います。

    何と言っても大会が一番のトレーニングになりますし。

    三浦に向けて、調整してしまっていたので、どうしても踏ん切りがつかず、一人三浦半島縦断トレイルを決行することにしました。

    21日金曜の朝、津久井スタート予定です。
    まだそれなりに雪はあるかと思いますが、STY装備でテストを兼ねて走ろうと思います。

    土曜にするか迷いましたが、ハイカーの少ないだろう、金曜の方が追い込めると思い、今のところ金曜予定。天候次第では土曜にするかも。

    もしも、私も行くぞ!という方いらっしゃるようでしたら、コメ等お声かけくださいね。

    もうSTYまであと二ヶ月。本格的にムチを入れなくては!!

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
    にほんブログ村
    三浦半島縦断、高尾天狗に出られなかったみなさん、ぜひワンクリック!

    三浦半島縦断トレイル中止!!

    • 2014.02.14 Friday
    • 13:56
    大変ショッキングなお知らせが。
    http://www.npo-outdoor.com/index.html
    主催者webに大会中止との記載(T_T)

    かなり気合が入っていたのに、これはSTYに向けたコンディショ二ングにも影響が、、、

    地元で私のデビュー戦だっただけに、大変残念ですが、この雪では、いた仕方ないですね。
    しかし、ざんね〜ん(>人<;)

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
    にほんブログ村
    三浦エントリーしていた皆さんも、そうでない方も是非ワンクリック!

    三浦半島縦走トレイルは雪! かな?

    • 2014.02.13 Thursday
    • 15:47
    いよいよ2014トレイル開幕戦 三浦半島縦走トレイルが明後日15日に迫る。

    天気予報では、先週の大雪並みの天気を警告中。

    スノートレイル選手権となるか?
    あの万里の長城区間はかなりの危険を伴いそうです。

    どうなることやら。

    三浦半島縦走 新ルート試走

    • 2014.02.07 Friday
    • 18:58
    神奈川マラソン後は三日間休み、昨日はがっちりマッサージしたので、三浦半島縦走の天園に登るルート変更点を確認に軽くジョグ。
    寒い!
    今日は晴れているが、気温がかなり低く、天気予報が騒ぎ立てる雪を予感させる。
    天園に別ルートで登る変更ルートが皆目見当がつかないため、確認したくてそこへ向かう。


    円海山から天園〜変更された新ルートを下って折り返し、また同じルートで円海山へ戻るコース

    円海山からコースを逆走していくと、天園すぐ手前で左に降りる小さな道と目印のテープ発見!
    こんな所に道があることは知らなかった。
    下って行くと、これぞ三浦というアドベンチャールートにほくそ笑む。

    よくぞこんなルートを見つけてくれました。さすがは主催者さま。
    変更ルートは沢登りに近いかなりテクニカルでマディロード。
    前日に雨でも降ろうものならどろんこ祭りに川上り必至です。
    道もかなり細く、当大会の最後の難所ですね。

    テープで案内されていますが、疲労してたどり着いた時にきちんと目に入るか微妙です。
    一箇所川を渡って土手を一度少し上る場所は、直進したくなる景色なので要注意ですね。
    私は三浦縦走らしい、沢登り最後の新ルート好きですが、賛否両論出そうですね。
    帰りは新しくなったおふろの王様であったまり、ごはんを食べました。

    綺麗になった館内


    昼抜きだったので、という言い訳で唐揚げカレーσ^_^;

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへにほんブログ村 三浦半島縦走ご参加のみなさんも、そうでない皆さんも是非ワンクリック!

    2014 トレイル開幕戦 三浦半島縦走トレイルのゼッケンが届いた

    • 2014.01.29 Wednesday
    • 00:25


    2014トレイル開幕戦となる三浦半島縦走トレイルのゼッケンが届いた。
    思い出深い私のトレイルデビュー戦の1周年。

    他の主要大会とは一線を画す、手作り感一杯の大会だ。
    既に参加されている方々には有名な話だが、道迷いの殿堂入り大会と名高く、
    昨今のコースがしっかりと矢印などで示された大会とは訳が違う。

    何度も試走し道に迷わないランナー程好タイムが出る、と言う難コースは
    ある意味トレイルランニングの本質を突いていると思う。

    しかしながら、昨年はハセツネでも4位、道志2位などトップランナーの仲間入りをした
    小原将寿選手が3時間台と言う破壊的タイムで優勝、
    ハセツネ優勝経験者の後藤選手など有力選手も参加しており
    トレイル開幕戦として年々人気が出ている大会でもある。

    今回も直前になって数カ所コース変更になっており、去年から微妙にコースが違うようだ。
    詳しくは主催者サイト参照> http://www.npo-outdoor.com/miura_main.html
    正直これだけ見てもあまり良く解らないが・・・

    この大会のコースは首都圏からほど近い鎌倉アルプスなど多くのハイカーの人気ルートも一時組み込まれ
    毎年ハイカーとの微妙な摩擦が有る事も事実。

    主催者も試行錯誤して出来る限りハイカーに迷惑にならないコースを設定されているようだ。
    もしかすると大会当日にも変更や歩行区間などの指示が有るかもしれない。

    カラー製本された大会ガイド的なものも無いし、白黒コピーの大会要項のみ。
    コースを示すテープも必ずしも解りやすいとは言えない。
    でも、それがこの大会の特色であり、魅力だと自分はとらえるようにしている。

    そして年々この大会と参加者への風当たりが強くなりつつ有る現状、貴重な首都圏トレイルの存続
    のためにもハイカーへの挨拶やマナーには慎重に参加したいと思う。

    朝日に輝く三浦の砂浜を1000名近いランナーがスタートしてゆく景色は、
    中々他では見られない壮大な風景だ。
    「ここ通るの??」的おもしろルートも沢山有り、そんな三浦独特の楽しさを
    初めて参加するランナーの皆さんにも感じてほしいと思う。

    この大会は1年を通して自宅から最も近い私のホーム大会だと勝手に思っている。
    今からとても楽しみだ。

    昨年は5時間45分ぐらいだったと思うので、今年はなんとか4時間台を出したい。
    そしてSTYに向けた弾みを付けてゆきたいと思う。


    三浦半島縦走トレイル試走 ナイトラン

    • 2014.01.05 Sunday
    • 08:36
    当初はelbさんと漆黒練に参加するのを楽しみにしていたのですが、翌日の出勤が厳しいことが分かり、泣く泣く断念。

    その代わりに午後2時半頃に京急長沢駅から2月の2014トレイル初戦となる、三浦半島縦走トレイルの試走ナイトランを敢行。

    去年、思いたっていきなりエントリーし、そこから初めて走り始めた、私がトレイルを始めたきっかけとなった思い出深い大会。


    懐かしい三浦富士への登り口。
    え?ここ?というようなマニアックルートオンパレードのこの大会、やっぱり好きです。


    三浦富士からの眺め。今日は体が重い!年末年始の揚げ物、とんこつラーメン、お菓子にジュースの不摂生が効いている(>人<;)




    万里の長城を超えて、舗装路をしばらく下った後、大楠山へ向かうトレイル入り口手前で、タダならぬ宗教派閥を感じさせる看板がいくつも出てきて、気になってしょうがない。


    大楠山からの夕日。ここまで1時間半くらい。


    畠山入り口には素晴らしい道標が新設されてました!


    畠山の旧道標


    すぐ隣に新設道標


    コース中一番の難所、畠山


    コース中一番の道迷いポイント、畠山の後の乳頭山へのブラインドT字路。
    左に曲がる道がすぐに落ち込んでいて、道があるように見えないトラップ交差点。

    でもここにも立派な道標で来たので、迷いにくくなった。

    久々に走って、やはり畠山から乳頭山にかけてのセクションがこのコースの最大の難所。かなりテクニカルなギザギザアップダウンが続き、危険なロープ下りも多数。気をつけないと転倒します。


    乳頭山から横浜方面を望む。
    乳頭山直後もスーパー道迷いポイント。
    頂上直後、一瞬下ってすぐ鋭角に右だが、ここは相変わらず道標なしで非常に分かりづらい!乳頭山に着いたら要注意!


    鷹取山からの横浜夜景

    田浦のファミマで補給し、ここからヘッドライトを点けてのナイトラン突入。

    今回試走して感じたのは、去年は道を見つけるのが難しいほど、普段は人の足が入っていない感じのマニアックルートに感じたが、今年は昨年よりも明らかに多くの人が通っており、道がかなりしっかり整備された感じがした。

    全員ではないにしろ、少なからず三浦半島縦走トレイルの試走ランナーやトレイルイベントなどのおかげだろう。

    さて田浦から鷹取山、六浦までもなかなかテクニカルな箇所がある。鷹取山を過ぎるとちょっとしたロープ岩場の急下り。ナイトランではスリルがある。

    夜はヘッドライトのテラス部分だけが頼りなので、日中とは全く景色が違い、何度走ったコースでもあっているか不安になる。

    だが、相当通ったこのコースは不安ながらも迷わず進めた。
    25kmぐらいから体が動きだし、朝比奈から円海山まではけっこうプッシュした。

    ラスト2kmぐらいの最も走れる平らなところで、思いっきり木の根っこにつまづき、UTMFのナイトランで転んだジュリアン ショリエと全く同じ感じにすっ転んだ!
    やはりナイトランでは十分な注意が必要。
    幸いちょっとした擦り傷のみですぐ再スタート。円海山まで出し切り、約4時間半で環境センターのバス停に到着。

    以外と早くよる19時半頃のバスで帰宅。

    帰宅後、洗濯機にウェアを投げ込み、即近所の黒湯が気持ち良いスーパー銭湯へ。
    その後は、昨年家から10分のところにオープンした2980円マッサージの「りらく」へ。

    前は3.40分かけて、上鶴間まで行っていたのでめちゃ助かる。

    しかも、ランをやっていた経験者のマッサーが居て、非常にランナーのツボを心得ており、最高のマッサージをしてくれる人を見つけたので、いつも指名付き予約。
    今日もガッチリ90分ほぐしてもらい、12月から年始にかけての激務の疲れをほぐしました!

    いやあ、最高の休日でした!

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
    にほんブログ村
    三浦半島縦走トレイル、参加する方も、走った方も是非ワンクリック!

    三浦半島縦走トレイルラン リザルト!

    • 2013.02.19 Tuesday
    • 10:01
    大会ホームページに公式リザルトが更新された。
     www.npo-outdoor.com
     結果は 5時間20分台 順位は 男子総合70番台! 

    かろうじて女子のトップランナーよりわずかに速かった。
     前半かなりの渋滞ストップやなどが有ったので、前の方でスタートできればもうちょい上を狙えたのかも。 

    でも、全くランニング歴のない自分に取っては、大満足の結果だ。 ゼッケンは1100番台まで有ったが、実際の参加者は何人だったんだろう?

    2013三浦半島縦走トレイルラン Strava GPX Log

    • 2013.02.18 Monday
    • 20:28

    三浦半島縦走トレイルラン 走った方も、過去に走った方も 是非ポチッとな〜 
    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    ブログ村ランキング

    ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします!

    amazon.com トレイル

    Wet & Madならコレ

    カラビナ&iphone耐衝撃

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM