スポンサーサイト

  • 2017.03.10 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    こどもの国マラソン ハーフで ついに!

    • 2016.12.13 Tuesday
    • 08:59
    長らく ブログ更新せず…。
    書こう書こうと思いつつ、早半年。

    来年はまたちゃんと更新するようにしたい。

    11月の修行走を走ってシーズン終了のつもりが、まさかの積雪短縮によりDNSしたため、非常に負完全燃焼だった為、急遽何か走れないか探した結果、かなり近所のこどもの国マラソン エンタメラン と言うのがあったので、ポチり。

    年明けから 香港二連発なので、その練習も兼ねてロードのアップダウンをやっておこうと参加。

    当日現地入りすると、全然人がいない!こんなに参加者が少ない大会も珍しい。

    これは、ひょっとしたら!
    と、密かな期待をしつつスタートへ。
    ハーフはリレーと混走なので タスキがないランナーをよく見ていく。

    スタート直後2人先行される。
    やはり強いランナーは隠れていたか。
    さらには白髪のランナーにも前に行かれ焦る。

    こどもの国は12月から2月にかけて毎月2-3レース開催しており、練習にはお手軽だ。しかもコースはひたすらアップダウンで、10%ぐらいのヤバい坂がある。
    ハーフは約4.2kmのこのコースを5周。
    2年前、初めてのフルマラソン 横浜マラソン前にこどもの国マラソンフルを走り10位だった。

    それ以来2年ぶりのこどもの国。

    先行された2名をジリジリ詰めて行く。
    なんとか見える範囲で、差は広がらなくなった。先行するのは若そうなランナー。ストライド走法だかこの激しいアップダウンのコースには後半負担が来そうな感じに見えた。
    追いかけるが差は縮まらず。約20m差をキープ。
    1周目のホームストレートに設けられた補給で追いつく。

    なんと、今日は捕食を全部忘れ、エイドのバナナとアンパンでエネルギーをとるしかない。
    バナナを頬張りスポドリを飲んだ。

    若者より先行して走り出すが、若者はすぐ追いかけて来て、私を抜かす。
    周回のゴール地点にはおそらく彼女と思われる女性が 17分だよ!とラップを告げていた。
    これが、俄然私のやる気に火をつけた。
    俺はボッチだぜー!ちきしょー!

    一旦若者を先行させ、激坂上りで様子を見ることにした。
    激坂には入りグッとペースが落ちた。
    それでも後ろで待つが、かなり遅い。
    テストしてみよう。そう思い横から抜いてペースを上げる。
    明らかについて来たのでさらにあげて見る。まだ着いてくる。
    登り切ると下らずにまだゆるく登る。
    ここで自分もかなりきつかったが、若者がかなり息が上がっていたのでオールアウトまで持ち込ませようとあえて着いて来れそうなペースでさらに上げた。

    すると徐々に足音が離れ始める。
    10mほど空いた。でも、こっちも結構心拍が上がってしまった。き、きつい。
    まだ4周ある。
    自分で仕掛けて、後半自分で潰れたらカッコ悪い。
    自滅しないようにギリギリでコントロールして、少しずつ離す。
    二周目は補給しなかった。ラップはほぼ変わらず。

    また激坂へ。だいぶ差が広がり始める。
    ここからは自分のペース作りに集中。
    5kmのラップはずっと21分台を刻む。10%の登りは流石にきつくなって来たけど、後ろは全く見えなくなった。

    今トップを走っている、と思っていたら、4周目に入る時 前と1分です!と言われる。

    なに??
    まだ居たのか?

    くっそー、めったにない勝利のチャンスが!!
    ペースを上げた。

    すると、全身コンプレススポーツで決めた フルマラソンでぶっちぎり1位のランナーが見えてきた。
    ハーフより先にスタートしていたフルを見ていた時、後続を5分以上離していたので、相当速そうだと思って見ていたが、流石にペースが落ちており、一瞬で抜き去る。もしかしたらフルのランナートップと勘違いしたのでは?
    と、気づく。

    いよいよ最終ラップに入る。足はまだ動く。タイムを見るとギリギリで1時間25分切りは狙えるかもしれない。

    こどもの国のコースはロードとしては他に礼を見ないアップダウンなので、フラットなら-4〜5分ぐらいの計算。
    当面の目標はハーフの1時間20分切りなので、なるべくそれに近づきたい。

    最終ラップをべストラップにしたい!
    そう気合いを入れてラスト1周へ。
    流石に思うようにペースは上がらず、だけどなるべく追い込んだ。

    最後の急下りも足首がミシミシいったが、全開で下りゴールまで追い込んだ。
    そして、ついに!
    一番でゴール!

    非常に小さな大会ではあったけれど、一度は誰よりも速くゴールに入ってみたかった。
    そして、2016年最後のレースでそれを成し遂げた。

    ゴール前は オー勝つぞー!と、思っていたが、ゴールした瞬間。
    あ、勝ったなあ…。
    と、意外と冷静というか、もうその瞬間は終わり、もっと大きな大会で勝ちたいという、欲求が芽生えていた。
    来年、40になる。
    36で始めたラン。
    初めての一番まで3年かかった。
    でも、その行程は最高に楽しかった。
    トレランと出会い、たくさんの出会いがあり、今に至る。
    このスポーツが存在することに感謝したい。

    年末年始は香港で迎える。そのあとウルトラトレイルワールドシリーズ 第1戦 Vibrum香港100k に出場予定。

    また、がんばろう!

    パリマラソン つづき

    • 2016.04.18 Monday
    • 15:08
    パリマラソン 続き

    快晴のシャンゼリゼを駆け抜けるランナーを半ベソで見送り、一度トップランナーの走りを撮影しようと先回り。


    エッフェル塔をバックに力走するランナーを撮影。
    とにかくパリには珍しい快晴も相まって、耐えられなくなった。


    コース上のスタッフにお願いして、許可を取りコースイン。※もちろん私はエントリー済み。
    足は痛むがなんとか耐えられる。
    ゆっくりゆっくり、痛みが最小限になるように写真を撮りながらパリマラソンの雰囲気に浸る。


    57000名と言う巨大マラソンは初めて。
    沿道には沢山のバンドやダンサー、ドラムパフォーマンスなど、盛り上がる。

    ゆっくり、なんとかゴールまで走った。

    次回走る時は記録を狙って走りたい。
    ツアーの方も無事完走。

    走れないということが、これほど辛いとは…。
    早く復帰したい!

    大瀬和文選手と行くUTMB,TDS,CCC.OCC参加ツアー

    http://www.fields-on-earth.com

    海外トレイルランニングツアーはこちら!

    続々更新中です。サイトに無い大会でもお問い合わせください!

    にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村

    ワンクリックありがとうございます!励みになります!!





    マラソン・ジョギング ブログランキングへ

    パリマラソン2016

    • 2016.04.15 Friday
    • 05:54

    ツアー開催のためパリマラソンへ出張。
    楽しみにしていましたが、事もあろうに大会約1週間前にジョグ中に左ふくらはぎにジワジワと痛みが出て
    ジョグを中止。

    背骨を中心に、背骨沿いの左側だけの筋肉が、まるでゴボウのようにゴリゴリに張り
    ほぐそうとすると首の付け根までビリビリと響く感じに

    温泉や鍼治療を行ったが、結果的に手遅れだったようで
    椅子から立ち上がる時に臀筋からハムストリングスにかけて、ワンテンポ遅れてジワーッと痛みが広がり
    到底走れる状況ではなくなった。

    故障した。

    この症状はいままでのスポーツ歴の中でも初めてのパターン。
    横浜マラソン後、急激に体の柔軟性が失われ、大会前はべったりと手首までついた前屈が
    ギリギリ指先がつくか否かになっていたことは確認していた。
    さらに足をクロスして行う交差前屈では、左足を後ろにクロスした時、まったく前屈が行かず指先さえもつかない状態になっていた。

    あまりに体が硬くストレッチができない状態で、とりあえずランをやめて休むしかないと判断し、
    パリマラソン当日まで休んだ。
    しかし、前日最後のチェックのためにジョグした際も、すぐに臀筋からハムストリングスの痛みは発症し、到底パリマラソンを走れる状況ではないことがわかった。

    今回は仕事の出張も兼ねていたので、諦めはついた。

    パリマラソン当日、前日までの曇天が嘘のように晴れ渡り、全面通行止めされたシャンゼリゼがキラキラ輝いていた。
    本当だったら最前列エリアからのスタートに並ぶはずだった自分は、柵で囲われた路肩からそのスタートを見送ることに。

    なんという虚しさ。ウォームアップする選手の姿がキラキラしている。
    とてつもなく惨めな気持ちになった。
    走れない。

    故障には相当気を使ってきたつもりだった。大会前後の鍼治療、マッサージ、スーパー銭湯などのケアのルーティンは欠かさなかった。
    横浜マラソン後もこれといった厳しい練習はしていない。

    それでも、ダメだった。
    頭の中は20代でも体はやっぱり39なのだと思い知らされる。

    ランは難しい。
    今回の故障は厄介だ。

    これからどれぐらいの時間を要するのか、考えただけで憂鬱だ。
    ランナーは走れないと途端に覇気が奪われる。
    悶々とした日々が過ぎてゆく。

    つづく
    大瀬和文選手と行くUTMB,TDS,CCC.OCC参加ツアー

    http://www.fields-on-earth.com

    海外トレイルランニングツアーはこちら!
    続々更新中です。サイトに無い大会でもお問い合わせください!

    にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村
    ワンクリックありがとうございます!励みになります!!

    マラソン・ジョギング ブログランキングへ
    続きを読む >>

    故障か、、

    • 2015.03.07 Saturday
    • 14:45
    横浜マラソンに向け、最終調整をかけていましたが、かけ過ぎたかもしれません。。

    昨年STY後に起こした左くるぶし痛が再発。
    急遽メニュー変更し、ひたすら休養です。

    3分代の追い込みをやったあと発症。
    参ったなあ…。

    なんとか、なおりますように!

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
    にほんブログ村
    ワンクリックありがとうございます!
    励みになります!

    こどもの国マラソン ラップ解析

    • 2015.02.25 Wednesday
    • 00:28


    裏東京マラソンの こどもの国マラソン結果がサイトに更新されていた。
    ラップも出ていたので、自分がどんなペース配分だったか確認。

    35km以降の失速を警戒し、抑えに抑えて最終周回を迎えて
    慌ててペースアップしたようなイメージを持っていたが、まさしくそういうペース配分だった。

    なんと最終周回の4.2kmが私の全周回の中で最も速いタイムだった!!
    そして最終周回のラップは全体でなんと3位!!
    我ながらビックリ。

    しかし、私が感じていた通り、7周目8周目のラップが遅く、この2周抑えすぎた結果、3時間を切ることができなくなっていた。ただ、そこまで極端な落ち込みではなかったので、全体としてそこそこまとまったペース配分だったと言える。
    前半突っ込んでいるランナーは6〜7割ラスト1〜2周ラップが激しく落ち込んでいる人が多い。

    しかしラスト4.2kmのタイムが、いつもフル公認コースで2時間30分台や40前半で走る
    トップランナーの皆さんと同等、もしくはちょっと速いペースで走れていたなんて、まだ信じられない。

    あんなに嫌いだったロード、マラソンが、だんだん好きになってきている。。
    ロードは単調だし、苦しいし、痛いし。。
    でもその苦痛を乗り越えると、一段また一段と成長している自分に出会える。

    そして自分との対話の大切さ。
    冷静に、客観的に自分を分析し、繊細にペースを調整し、補給を取る量、タイミングを計算して
    1kmあたりのペースを2〜5秒レベルで調整しながら最速を狙う緻密さと奥の深さ。

    大変難しい挑戦だけに、やりがいがある。

    ロード、面白いかも。
    でも、やっぱり早くトレイル行きたいなあ!!

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
    ワンクリックありがとうございます!励みになります!

    よこはまランニングフェスタ こどもの国マラソン フルソロ

    • 2015.02.21 Saturday
    • 21:52


    東京マラソンにはまんまと外れましたので、きたる初公認フルマラソンへの最終調整として
    近所の こどもの国 で開催される「横浜ランニングフェスタ」のフルソロに参戦しました。

    1周約4.2kmの公園外周コースを10周して、一応42.195km
    とされていますが、ものすごいアップダウンの激しいコースで、距離も必ずしも正確ではなさそうであり、
    私の中では正式なフルマラソンとしてではなく、あくまでトレーニングの一環として参戦しました。

    昨年のリザルトを見ると、上位4位までしかサブスリーを出しておらず、
    しかも3位は神奈川のマラソン界では有名で、以前は富士登山競走であの鏑木選手と熱戦を繰り広げて3位
    入賞など輝かしい経歴をお持ちのF澤選手が2時間43分。公認コースでは2時間30分台のタイムを出すF澤選手でこのタイムなので、フラットコースプラス10分から15分は見たほうがよさそうです。

    アップで半周ほど走りましたが、
    「これは3時間半はかかるのでは・・・」
    というほど激しくアップダウン・・・

    警戒していた横浜マラソンの22kmから高速に登り33kmまでアップダウンするという
    厳しいコースレイアウトに少しでも順応するためのトレーニングとしては適しているのではないか?
    という考えでエントリーしました。

    天気は快晴!!
    家族とともに、子供たちは公園で遊びながら応援できるというナイスシチュエーションもあり、ファミリーで参戦するには最高の大会ですね!
    でもコースは半端ないきつさです。

    スタートして1km足らずでいきなり斜度が12%はあろうかという激坂を登らされます。
    ゴール前500mは12%の超級下り100m。もはや舗装されたトレイルレースといった感じ。。。
    否が応でも足を痛めつける鬼コースです。

    昨年の5位が3時間2分台なので、一応目標は3時間10分辺りを目指そうということで。

    9時半開園の門の前には早くもランナーや家族がいっぱい。
    小さな大会とはいえ、各カテゴリー合わせると2000人以上はいそうな感じ。
    フルマラソンソロクラスは210名。

    10時45分にリレーフルマラソンクラスと同時にスタート!

    リレークラスはすぐにバトンタッチもできるので、いきなりぶっ飛んでいく。
    今回の至上命題は「ガンガン行くぞ」ではなく「いのち大事に」
    まだフルの距離をノンストップで走り続けたことがない(トレイルではエイドストップや急登で歩きが入り、一定のリズムで走り続けることがない)ので、フルマラソンで必需とされる3時間は走り続ける力を養成するために、絶対に後半ゾンビにならないペース配分を心がける。リレー組に釣られないように、とにかく余裕を持って入る。
    とはいえあまりにアップダウンしていてkmごとのペースは全く把握不能。

    目標としては5km22分ペースを極力キープ。ラスト5kmまではとにかく抑えて、ラスト5kmしっかりビルドアップできるように。
    補給も横浜マラソンを想定して、10kmでジェル一本以上の補給を心がける。

    スタートしてトンネルをくぐり、緩めののぼりを登って下ると給水所、そしてその直後にドカーン!と12%以上はありそうな激坂が100m弱。

    「まじかよ〜コレ10回登るのかよ〜」

    2〜3周までは4名程度の小グループができてそのまま進むものの、やはりランナーによってのぼりが早かったり下を飛ばしたり、それぞれ得意なセクションが異なり、人のペースに合わせるのは得策ではない、と感じてマイペース維持。

    途中から親子マラソン、2周マラソン、ハーフマラソンも入り乱れ、スラロームのように
    くねくねしながら抜かし続ける。もう自分が何位など一切わからない。

    中盤はスタートから前後していた良いペースを刻むランナーとしばし2人で進む。
    ちょうど半分となる5周目完了時のタイムはジャスト1時間30分!!

    「あれ?これだけ抑えて走っていても1時間半??もし後半ネガティブスプリット入れられたら、こんなにきついコースなのに、まさかまさかの???」

    劇的に抑えてきていたつもりだったので予想外のタイムにびっくりする。
    一緒に走っているランナーがどのような目標タイムを狙っているのか聞いて見る。
    私「3時間狙えますかね?」
    相手「いやあ、さすがにそれは厳しい、3時間5分とかその辺ですかね。25kmぐらいから上げますよ!」

    なるほど、そりゃそうだよね。このコースでサブスリーなんてありえないよね。
    あげられたら着いていけないかもな。
    どんなランナーも35kmからがフルマラソンの最大の勝負。って言われているし。
    いったいどれほど苦しいのだろう。先日の30km走のラスト5km以上かな?
    千葉マリンハーフみたいにまた歩くのは嫌だな。
    私はまだ35kmからの苦しさを知らない。

    今日はあくまで横浜マラソンに向けた最終調整。絶対にキツくてもゾンビにならないこと、補給をしっかりしてハンガーノックを起こさず、最後まで潰れないこと、を胸に刻みながら走っていた。

    ジェルは計6本もち、すでに4本約450kclは摂取。
    水も毎周回スポドリとOS1を交互に補給。

    さあ、後半の7周目に入り25kmをすぎた。
    もうそろそろあげてもいいだろうと、うずうずしていたが、20から25kmのラップが23分を超えた。
    なんかペース落ちているような気がしていたが、経験が浅すぎる為、一緒にペースを作ってきたランナーから離れるのも不安で合わせていたら、やはり落ちてきていた。

    これは下げすぎた、あげなくとも22分台に戻そう。
    そう思い、しばらく一緒に走っていたランナーから先行し始める。

    スタート後からずっと100m前辺りを走っていたランナーを目標にじわじわ詰める。
    しかし、さすがに足も重くなり始め、12%の上りでのペースダウンが顕著に現れ始める。
    でものぼりで無理にプッシュすればその後失速を招くと思い、のぼりくだりは無理せず、緩い登りやフラット区間でできる限りスピードを維持する走りで進む。
    30km過ぎに入り、前を行っていたランナーを捉える。

    一度抜かすが、再度抜き返され、結構なペースでまた先行される。
    ここは食らいつき、35km付近でいよいよペースを上げた。
    もう残るは約7km。
    ここからはフルマラソンの怖さも経験するためにスロットルを開けた。

    スタートからずっと競り合ってきたランナーをついに振り切り、さらに前半から先行していた4名を最終周回に抜かす。
    GPSが何度かロストしていたから距離も不正確。もしかするとまだ最終周回でないかもしれない。
    そうでなかった時、ラスト一周ゾンビにならないように、スロットルを開けつつも、万が一あと1周だった時のことを考えつつ、スパートを掛ける!
    ラスト2km前後でチラッと時計を見ると2時間54分32!!
    「え!うそ!?やっぱり周回間違ってるかも、さらにあと1周かも??」

    本当にこれ最終回??ぎりサブスリー間に合ってしまうのでは??
    そっから猛ダッシュした。
    間に合うかもしれないと思った途端スイッチが入り、それまでより相当ペースが上がった。

    半信半疑のまま、35km以降のマラソン未知の領域でも失速はなく、最終周回は3周目辺りと同じレベルまでペースを持ち直し、最後のゴールに駆け込んだ!

    でもやっぱり不安で集計スタッフに
    「俺、まさかあと一周じゃあないですよね??」
    「大丈夫ですよ!これでゴールです、」
    とのこと。

    「あーやっぱり、、周回に確証が持てていたら、もっと早くペースアップするべきだった。。。」
    そしてタイム表示を見ると・・・

    「3時間01分台前半!!」
    「えっ??うそ??サブスリー目前だったじゃん!!」

    ゴールしてすぐに完走証を受け取ると
    「トップ10内でゴールしていた!」
    タイムこそ惜しいことをしたが、キリの良い順位で2015シーズンを気分良くスタートできた感じ。

    今日が初めてロードでの42kmに臆病になりすぎて、抑えすぎた。
    正直、ビビりすぎて35kmまでペースアップせずに来てしまったことを少し後悔。
    25km〜30kmのラップが遅すぎた。
    予想外にあっさりとゴールしてしまった。
    まだ結構余力があり、すぐにサクサクとダウンに走り、
    応援しながら遊具で遊んでいた息子を迎えに行って、
    肩車して遊んだり、野球ごっこして走り回ったり。
    なんだか、まだまだ元気。

    計算を誤って3時間を切れなかったのは残念だけど、とてもいいイメージで終われたから、まあ良しとしよう。
    自分のガーミンは41km辺りを示しているし、距離もやや曖昧だ。
    本当は40kmぐらいなのかもしれない。

    でも、このコースでのフルはアップダウン特訓としては最高の練習になったと思う。
    トレイルランナーにはオススメのレースかも。

    正直横浜マラソンの3週間前にこの大会を走るべきかどうか、結構躊躇した。
    出し切ってしまい、ボロボロになって横浜マラソンにコンディションが合わないのではないか?
    きついコースでぶっつぶれて自信を失うのではないか?

    でも結果オーライ。予想をはるかに上回るタイムで、しかも心地よい疲労感で終えることができた。
    ちなみにガーミン計測では獲得標高が810m! ちょっとしたトレラン並みの獲得標高でした!

    後はしっかり休養し、十日前ぐらいからインターバルなどの刺激を入れて、最後のウェイトコントロールを頑張って
    悔いのない準備をして、本当の初フルマラソンとなる「横浜マラソン」を迎えたいと思う。

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ ワンクリックありがとうございます!励みになります!

    Google mapの航空写真で発見!!

    • 2015.02.14 Saturday
    • 10:10


    先日、IKEA港北側の港北の湯を起点として、初めてロードで30km走をしました。
    コースを良く知らなかったため、適当に堤防を走りましたが、出来る限り止まらずに快適に
    30km走が出来るコースを探そうと、グーグルマップを見ていると・・・

    ん??

    やけにいっぱい人が映っている航空写真を発見。

    横浜アリーナの直ぐ裏の公園がスタートゴールの横浜月例マラソンをやっているではありませんか!
    公園には受付テント、ブルーシート、集計テントの姿があり、スタート待ちか、ゴール後のランナーがいっぱい!
    鶴見川沿いのコースにも走っているランナーが見受けられます。
    グーグルマップの航空写真をかなりアップにすると2015年2月13日の時点では見れます。

    ひょっとして自分も映っているのでは??
    でもいつの月例マラソンか不明なので特定は困難ですが、冬っぽいです。

    まあ、どうって事ない話ですが、
    ランコース検索の為に探していたら偶然見つけてしまったので、ちょっとテンション上がりました。笑

    他にも探したらあるかもしれませんね!
    トレイルの大会が映ってたら更に面白そう。

    ちょっとした発見でした。

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

    初30km走

    • 2015.02.12 Thursday
    • 21:30


    市民ランナーのカリスマ小原選手にアドバイス頂き、1人30km走に初挑戦。

    サブスリーペースを目標に港北の湯を起点に鶴見川沿いで敢行。

    5km.10kmまではkm4分10前後をキープ
    15km.20kmもややきついながら5km20分40ぐらい。
    しかし、、、まだハーフマラソンしか走ったことのない私、

    23kmぐらいから顕著に足に来始めペースキープに苦しみ出す。
    補給もランポーチにジェル4つ取るが、何せ水分が、やはり不足。

    25kmで汗が止まる。やや寒くなり始め、足がパンパンに。
    20-25kmもかろうじて4分15ペースで凌いだが、そっから一気に崩れた。
    25〜30km22分46ぐらいかかり失速。

    30km走は1人でやるもんじゃないなあ/div>

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

    歩いちゃった・・・千葉マリンハーフマラソン

    • 2015.01.18 Sunday
    • 17:07


    2015年開幕戦 千葉マリンハーフに行ってきました。

    天気は快晴!+突風!
    快晴最高!突風いらない!

    アップ時、足は軽い感じ。
    1週間前に45km走った疲労感はあまり無し。

    いけるかも?

    スタートは一般の部の最前列ブロック。
    5分前に陸連登録ランナーブロックが2000名スタートする。

    マラソンのレジェンド高橋尚子選手がスタート前のかけ声。

    前半は超追い風、折り返してから超向かい風。
    前半抑えて、後半の向かい風に備えたい。

    以下、ラップ

    1: 3:41
    2: 3:55 入りは追い風の中、リラックスしてそれなりに抑えられた
    3: 3:45
    4: 3:51
    5: 3:51
    6: 3:53 ペース安定、苦しくない気がしていた。
    7: 3:55
    8: 3:51
    9: 3:57  
    10: 3:48 ここまで追い風で、良いペース。
    11: 4:04 折り返し。ウオーーすげー突風向かい風!!
    12: 4:00 上げてくるランナーに着く
    13: 4:01 着いたランナーが速すぎ
    14: 4:00 でも風よけの為に必死に着いてしまう
    15: 3:58 くるしい〜 今思えば4:05~10で向かい風区間は粘るべきだった。
    16: 4:00 まだPB狙える。 後で思えば狙うべきでない・・
    17: 4:18 ドーン!!足がああ (後の祭り。。。)
    18: 4:16 死んだ。。。 辞めたくなる
    19: 4:33 たすけてくれ〜
    20: 4:37 頭がくらくらしてくる
    21: 5:33 なんと「歩いた。」そしてジェル飲んだ。あはは・・・

    ゴール:ご臨終 頭真っ白。完全にハンガーノック。駒大の山で失速したランナーみたいになった。。。

    タイム 1時間26分後半
    順位: 130位以内 出走10297名 

    見事な死にっぷりに、現在非常に打ちひしがれています(泣)

    あの時向かい風で無理しなければ。今振り返るやるべきだった10kmからのペース
    10〜15:4:07前後
    15〜19:4:05前後
    19〜21:4:03

    まあ、出来たかどうかは定かではありません。

    ああ、ハーフマラソン トラウマに成りそう・・・
    悔しいやら、情けないやら・・・




    よこはま月例マラソン 20km ロードは辛すぎる・・・

    • 2014.12.22 Monday
    • 02:16

    もうすぐクリスマス。
    しかしながらクリスマスイブもクリスマスも仕事なので、今日の午後から子供たちとパーティをする事にしていた。
    ふと午前中が開いている事に気付き、前々からでたいと思いながらもタイミングが合わなかった 横浜月例マラソンに出られると気付き、急遽出場する事に。

    金曜に15km程走ってしまったが、来る1月〜3月の厳しいロードシーズンに向けたトレーニングとして、 一人で走るよりはずっと良いと思い、20kmに出る事に。
    川崎月例は3、5、10kmだが、横浜は1、5、10、20km。
    昨今のマラソン人気で、小さな手作り感たっぷりのローカルレースでありながらも参加者がわんさか会場に集まっており、軽く2000名以上居るような感じ。
    中には実業団マラソン等でテレビで拝見した事があるような感じの方も・・・

    ガーミンを忘れて取りにかえったりして、結構ギリギリのスタート40分前に到着し、初回出場登録してゼッケンを貼付け、アップは15分しか出来ず・・。
    本来なら、先日のふれあいトレイルでいったんオフにするつもりだったので、レースモードに入らず、 なんだかユルユルのままスタートしてしまう。

    km3;45~50で入り、 自分のイメージでは3:55辺りでキープしたかったが、すぐに苦しくなり後退。
    ダメだ。今日は体全然動かない。。。
    コースは片道5kmを2往復するのだが、半分の10kmで相当キツく、気持ちが切れかける。
    キツい。キツすぎる。ロードはなんでこんなに苦しいのか。。。
    路面が、かたい!!かたすぎる!!
    トレイルばかり走って来た自分には、足への跳ね返りがキツく、筋肉が破壊される思い。
    13kmあたりで急に体が動き始め、いったん3分50〜55に戻すも18km辺りで再失速し始める。
    「く、くるしい〜〜、きついいい」
    ロードの何が楽しいのか・・・ そんな事さえ考え始め、今直ぐ止まりたい衝動に駆られる。。。
    ラスト2kmが果てしなく長く、かろうじて食らいついた小グループにしがみつく事だけが 体を前に出すエネルギーだった。

    ゴール前800mぐらいに、ほんの小さな登りがあるのだが、その2m程のギャップで大失速。
    最後はスカスカになりながらゴール。
    かろうじて1時間20分は切ったが、これは昨年の神奈川マラソンハーフのタイムから見ても、殆ど成長が感じられない・・・
    ロードは、なんて苦しく、辛く、痛いのか。。。
    これから3ヶ月この苦しみばかりなのか。。。
    出来る事ならやりたくない。避けたい。
    でも、やっぱり強くなりたいし、いつかメジャートレイルレースで一桁順位してみたい。
    その為には、これまでの練習内容ではダメだと感じ始めているし、憧れの小原選手も「マラソンは大嫌い。」と断言するも、年々記録を伸ばし続け、今やサブ2,5ランナーである。

    苦しいし、辛いからこそ、乗り越えた先に喜びがあるはず・・・
    このままではフルで自分の納得できる結果は出ない。 
    試行錯誤しながら、頑張りたい。
    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    ブログ村ランキング

    ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします!

    amazon.com トレイル

    Wet & Madならコレ

    カラビナ&iphone耐衝撃

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM