UTMFエントリーが!

  • 2016.03.15 Tuesday
  • 19:48
なんと。UTMFのエントリーが今日までと言うことに、今日気がつきました。

なんと言う事でしょう…。

しかし、じっくり考えた結果、エントリーしない事にしました。

1月香港100k. 6月モンブランマラソン、8月CCC, 10月ハセツネ
もうこれで限界だと思います。
9月にSTYでも厳しい。

と、判断し、また見送りです。

今年は天気に恵まれると良いのですが。



UTMB注目のツアーはこちら!!

大瀬和文選手と行くUTMB,TDS,CCC.OCC参加ツアー

http://www.fields-on-earth.com

New 万里の長城マラソン 参加ツアー 5月21日

海外トレイルランニングツアーはこちら!

続々更新中です。サイトに無い大会でもお問い合わせください!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村

ワンクリックありがとうございます!励みになります!!







UTMF2位のArnaud Lejeuneと晩飯を共にしてみた

  • 2015.09.28 Monday
  • 08:28

UTMFで終盤までトップで走り、22時間代2位でゴールしたアルノー・ルジョンヌ選手が、表彰式に出る為にブースエリアでぶらぶらして居たので、話しかけてみた。

すると、夕方の高速バスで新宿まで移動して、公共交通機関を乗り継いで羽田のビジネスホテルまで一人で行くと言うので、
「ついでなので送ってあげるよ」と言ってみると、
喜んでくれたので、思いがけず世界レベルのランナーと時間をともにすることに。

河口湖から羽田までアルノーとドライブ。
私は彼の事をほとんど知らなかったのですが、元々は30歳まで趣味で地元のクラブチームでサッカーのキーパーをして居たこと、その後試しにトレイルを始めて、翌年にCCCでいきなり4位になり、初めての100マイルレースがグランレイドレウニオンで、キリアンジョルネとバトルし、3位でゴール。キリアンは優勝。

などなど、まあ出るは出るは驚愕のトレラン歴。
面白すぎて、羽田のホテルに送ってから、私は自宅に戻って荷物をおいて、またすぐアルノーを迎えに行った。
アルノーは恐るべき回復力で、どこか見に行きたい、と言うので、近くの川崎大師に連れて行き、だるまやお守りを家族に買ったり、

ずっと気になっていた、と言う「まんじゅう」を食べて見たり。



ふかしたての饅頭に喜ぶアルノーその後、海ほたるに行ってみると、フランスには無い景色に、バシバシ写真を撮って居ました。
話をしていると、私の11年来のフランスの友達の父で、UTMBベテラン3カテゴリーで優勝したジョンマーク・ペレと友人との事で、世の中は広いようで狭いなあ!とお互い驚く。

当初、UTMF後最後の晩餐を一人回転寿しに行くと言って居たので、「それは流石に170km優勝争いをして、自力で来日した選手にはもったいない!」と、言う事でうちの子供達もつれて ちょっとした料亭風の梅の花へ。

驚くべき回復力で、まあパクパク、美味しい、美味しいと、湯葉懐石を楽しんでくれて、眠くないのか?と聞いても「全然!」

足取りも極めて普通にサクサク歩く。普段はジュネーブの社食カフェテリアで働き、帰国翌日からお仕事だそうです。

いやあ、面白い話がありすぎて書き切れませんが、一言で言うと彼は全く気取らない2児の父だけど、とんでもない天才肌ランナー、ですね。今頃、フランスに向けて飛んでいるはずです。

「フランスアルプスに来るときにはいつでも遊びに来てくれよ!」と気さくに言ってくれました。
思いがけない出会いに、またこのスポーツの魅力を感じます。

Bravo! Arnaud!
Bon retour!


http://www.fields-on-earth.com

海外トレイルランニングツアーはこちら!
続々更新中です。サイトに無い大会でもお問い合わせください!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村
ワンクリックありがとうございます!励みになります!!

UTMF コース変更、今日も雨。。

  • 2015.09.25 Friday
  • 08:41
UTMFサロモンブースにてwww.fields-on-earth.com ツアーフライヤーを設置しています。
が、残念ながら雨です・・・。

UTMFは一部コース変更になったとの情報が入りました。
詳細はUTMFサイトでhttp://www.ultratrailmtfuji.com/news/2015/09/981/ 確認できます。
サロモンブースでは来年度モデルチェンジされる商品が爆安で販売されており、香港や中国のお客様が殺到。

私も、S−Labセンス シューズを1万円ポッキリで購入してしまいました。
この価格でこのシューズに出会えることはまずなさそうです。
明日には天気も改善しそうなので、参加される皆さんは、低体温症や転倒に気をつけて、頑張ってください!!

モンブランマラソン2016 エントリー始まっています。
42km9月27日まで!
http://www.fields-on-earth.com/tour/category/1499.html

http://www.fields-on-earth.com
海外トレイルランニングツアーはこちら!
続々更新中です。サイトに無い大会でもお問い合わせください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村
ワンクリックありがとうございます!励みになります!!

あれ?エイプリルフールは過ぎたぞ?

  • 2015.04.03 Friday
  • 16:32
4月1日に発表された、UTMFの抽選結果。
主催者の粋な計らいで 落選!
なんて言うギャグをかましてくれましたが、

あれ?
あれれ?

今日サイトを見ても、落選!
のままですよ!

主催者さん、治し忘れてるよ!

おかしいなあ。
フランソワが、まさか俺にびびってんのかなあ?出さないでくれって言ってんのかなあ?

はーあ、やっぱ、ダメか…
とほほ

UTMF2015 抽選結果!

  • 2015.04.01 Wednesday
  • 23:20

UTMFの抽選結果が発表されました!

初の100マイル、出場なるか!

ランネットのページからの確認との連絡。
どきどき、、、

ジャーーーン!!
・・・
・・・

「落選」 ・・・

うそ・・・

エイプリールフールの悪い冗談でしょ、きっと。。。
「落選」って書いてある。
今日はエイプリールフールですよね??
そういうことですよね??

あはは。。。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
共に頑張りましょう!きっと希望の光は見えてくるはず!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

初100マイル UTMFエントリー!

  • 2015.03.01 Sunday
  • 14:58
ついに、初めての100マイル UTMFにエントリーしました!

まだ抽選があるので出られるか分かりませんが、当たってくれることを祈ります。

昨年STYで、天子山地からUTMFランナーを抜き始めましたが、その壮絶さは物凄いです。

十分な準備を持ってしても極めて困難な100マイル。生半可な気持ちでは挑めません。

ワクワクと恐怖、半々ですね。

当たりますよーに!

2015 UTMF 9月25日〜27日開催決定 開催時期変更のメリットとデメリット

  • 2014.11.19 Wednesday
  • 01:11


ついに公式発表が出ましたね!
正直、最悪の場合開催できない可能性も危惧していただけに、
まずは開催して頂ける事に感謝です。

大会関係者の皆様は間違いなく相当な苦労をされ、調整を繰り返し、反対意見も多数ある中で
説得やご理解を得る為の甚大な努力をされた事と思います。

感謝感謝です。

私個人としても、まだランニング歴は2年未満と浅いながらも、ラン1年目、そして今年と9月10月に
コンディションが年間でもピークに来ると感じているので、良い準備とパフォーマンスが出来る時期だけに
嬉しいです。

しかしながら、色々な側面から考慮すると、やはりデメリットもある事と思います。

あくまで個人的な意見として、どんなメリットでメリットが考えられるか、上げてみました。

*9月開催のメリット

1)公式サイトにもあるように、低体温症リスクの低減
  命にも関わる重要事項であり、今年のUTMFでの本栖エイド、および鳴沢エイドの野戦病院化、そしてボランティアスタッフにとっても低温化での長時間滞在は過酷ですから、それが軽減される可能性は高いです。

2)積雪リスクの回避
  今年は3月後半まで豪雪に見回れ、あわや中止のリスクが非常に懸念された事を思い出します

  万が一中止になった時の甚大な経済的損失などを考慮しても、積雪リスクがきわめて少ない9月開催は、大会を滞り無く開催する為にもより確実な時期と言えます。

3)自然環境保全
  私は専門家でないので詳しい事は解りませんが、環境保全の意味合いでも生物たちの活動し始める、新緑の芽吹く春先よりも、秋口である9月開催はより良い可能性は高いです。

4)参加ランナーの体力面
  今年は2月3月の豪雪もあり、多くのランナーがUTMFが14年度初レースだったり、1−2レースしか走れずUTMFを迎えたランナーは多かったはずです。UTMFやSTYクラスのウルトラに出場するには、十分な準備が必要であり、体力が不十分で望む事は、時に生命に関わる危険を伴う可能性があります。 9月であれば大半のランナーが十分なトレイルレース経験、トレーニングを積んだ上で参加できる可能性は高く、レース自体の質も向上が期待できます。


*デメリット

1)ワールドシリーズとしてのトップランナー参加減少、注目度の低下
  ウルトラトレイル界最大のレースUTMBとレウニオンの中間での開催となり、それらのレースに標準を合わせるトップランナーにとって、UTMF参加はかなり無理なスケジュールとなり、必然的にトップランナーの参加は減ると考えられます。 それによる注目度、ワールドシリーズとしてのUTMFの重要性が低下する可能性があります。

2)ハセツネを目指すランナー、信越五岳、上州武尊との兼ね合いが困難
  日本を代表する伝統的大会ハセツネを目指すランナーにとって、この時期に100マイルを走る事は、ハセツネに対してかなり厳しいと言えます。さらには信越五岳、今年と同じ開催時期を予定しているとすると上州武尊とは完全にかぶる事となり、国内選手にとっても悩ましい問題です。 個人的希望としては上州武尊ウルトラを4月もしくは5月頃に開催してくれる事を期待したいです。

3)日本の象徴でもある、桜満開でのスタートゴールが出来ない。
  2014UTMFで私が感動した事の一つはスタートゴールが、日本の象徴的な桜の満開の中スタートゴールできるというのは、特に海外からはるばる参加される選手に取っては非常に大きな魅力だったと思います。それが無いと言うのは、やはり残念ですし、海外からの参加者減少の可能性があると感じます。

4) 残暑で非常に暑くなる可能性がある。台風がくる可能性がある。
  予測は難しいですが、9月下旬はまだまだ残暑の可能性があり、時折非常に気温が高くなる年があります。脱水などのリスクが懸念されます。また台風通過の時期でもある為、台風直撃、豪雨による土砂災害のリスクが懸念されます。


以上、あくまで私の個人的な考えによるメリットデメリットです。

いずれにせよ、開催される事にひたすら感謝です。
初100マイルを2015UTMFで達成したいものです。

コースはどんなコースになるでしょうか。
時計回り、半時計?いずれにせよ、杓子渋滞は対策が立てられるのではないかと予測しています。
乞うご期待。

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
UTMFファンの皆さん!是非ワンクリックを!
  

STY後の初 山練習

  • 2014.05.07 Wednesday
  • 14:47
STYから9日間、完全ノーラン休養しました。

流石にそろそろ山に行きたくなり、何時ものホームコースへ。
ゴールデンウィーク最終日で渋滞が心配されたけど、スマホで調べたらガラガラ。

一時間で大倉に着き10時半から三の塔、塔の岳、水場、玄倉林道、ユーシン、雨山峠、鍋割、大倉の26km。

登りはかなり調子良かったですが、下りでやはり右膝が痛みだし、まだこのコースを行くには早すぎたかも、、、。

でも、やっぱり山は良いですね!
STY前の僅かな山練習もこの丹沢山系にお世話になりました。

改めて、この辺のコースさえ、走っていれば、日本の大抵の大会の準備に事欠かない気がします。

今回のコースも累積標高2800mあり、急登、急下りの連続で、距離こそ30kmに足りませんが、非常に質の高い練習が出来る濃いコースですね。

塔の岳から水場を通り、そのまま玄倉林道に降りるルートは初めて使いましたが、ハイカーも非常に少なく、下りの練習には最適かと思います。

大倉尾根はハイカーが多すぎて下りを飛ばすにはリスクが高く、トレランナーのイメージ悪化にも繋がりかねないので、休日やピーク時はお勧め出来ないですね。

玄倉林道から雨山峠へのルートは断崖の橋が落ちてしまい、ロッククライミングをしなくてはならない危険箇所が有るので、クライミング経験者や上級者以外には断じて勧められません。これさえ治れば、沢伝いの大変魅力的なルートで、雨山峠から鍋割へ至るルートも鎖場の急登など変化に飛んだお気に入りです。


左下の鉄くずが落ちた橋で、鎖に捕まりながら岩肌のわずかな段差を伝って約20m絶壁をスライドしますが、非常に危険です。

三の塔尾根から塔の岳ルートは常時ハイカーはそれほど多く無く、今回のコースはとても良かったです。

筋肉は大分回復して居ましたが、関節、膝がまだ微妙な感じがします。


風邪引いた(T ^ T) からのSTY戦略

  • 2014.04.21 Monday
  • 15:30
なんと言うことでしょう、、、。
大事なSTY1週間前にして風を引きました(T ^ T)。

最悪です。やはりエクストリーム出退勤練は無理があったのか。。
身体が中々回復せず、昼から急に冷え込んだ土曜の外出後体調悪化。

熱を出し、病院へいきました。
なんとか、熱は戻りましたが、最終調整のランはできず。

とにかく今はスタートまでに風邪を治す治すことに専念。

しかし、UTMFはプリントアウトしなければならないものの量が多すぎます。

環境に配慮した措置との事ですが、結局各自が大量にプリントアウトする訳なので、しかも多すぎて途中でインク切れしたりで何枚か紙を無駄にしたり、あまりエコじゃ無い気がします。

さて、こんな体調になってしまったこともあり、STY戦略を大まかにたてて見ました。

スバリ、今回の作戦は「スタートは麓から」作戦。
前半の平地区間、天子山地は徹底して抑え、可能な限り「麓」エイドにフレッシュな状態で辿り着く事が、最重要課題です。

もしそれが実現した場合は、本栖湖の登り以降からゴールまでは攻めようと思います。

私は急なくだりを攻めると足が終わるので、特に長い天子の下りは要注意と考えます。

私の今までの最長レースは白馬国際の50kmのみ。完全に未知の領域なので、ペース配分が上手く行くかどうかが、カギですね。

きっとスタートダッシュ、速いんだろうなあ、、、
釣られないようにしないと。

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
UTMF.STY参加の皆さんも、そうでない皆さんも是非ワンクリック!

STY装備でのフル通勤帰宅ラン

  • 2014.03.31 Monday
  • 00:56



増税前の駆け込み需要とは、全く想像を絶するものであった。

仕事量は3倍から5倍増となり、とてつもなくハードになった。



4月はSTYの為に連休を取った事もあり、それまでの休みはほとんどなく、現時点で試走はほぼ不可能となった。



しかし、出来る限りの準備はしたい。

今の自分に出来る最大限の努力は、通勤ランだ。



今までは会社最寄り駅から多摩川堤防を通っての片道7kmの通勤ラン。

しかし前回の休みから、休日前日は往路はいつも通り7kmビルドアップでラスト1kmを3分40〜45で締める追い込み。

夜10時半に会社を出て、今度は家まで帰宅ナイトランする事にした。

一対何kmあるかは不明。

日本一空気が汚いであろう京浜工業地帯を通る産業道路の歩道をひたすら横浜方面へ走る。

家までは28km。2時間半程、km5分アベで帰宅。1時ごろ家に着いた。

ロードでSTY装備でのロングランは足にかなり効く。

ラスト5kmぐらいは足がガッチガチ。

STYでは最初の30kmフラット区間を考えると、これぐらいで音を上げて入られない。

フラットの走りっぱなしの難しさを痛感。

限られた時間の中で少しでも走り込み、納得いく状態でSTYを迎えたい。

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村



PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ブログ村ランキング

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします!

amazon.com トレイル

Wet & Madならコレ

カラビナ&iphone耐衝撃

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM