スポンサーサイト

  • 2017.03.10 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    2017神奈川マラソン ハーフ

    • 2017.02.05 Sunday
    • 13:30
    1週間前の川崎月例は39分04の絶望的ワースト記録を樹立。

    落ち続けるロードのタイムに、モチベーションも下がり、成長を諦めかけていた。

    先週10kmでさえ3分台がキープできず、4分台でなんとかゴールした経緯から、完全にビビリモードで、スタートからすぐに3分55で入ると決めていた。


    スタートで並んでいると、以前こどもの国マラソンでトップ10争いをした Tさんと再会し、レース談義に花が咲く。おかげで変にプレッシャーもなく、スタートを迎えた。

    どうせPBなんて、出やしない、ワースト記録だけ逃れよう、そんな弱気なスタートだった。

    いつもなら気合で3分40ぐらいで突っ込むが、スタートの人混みが落ち着いたら、すぐに3分55、4分まで抑えた。km4で通せば1時間24分台には収まる。
    それぐらいの気持ちで、余裕を持って入った。

    すると!すぐ後ろからなんと せーきちさんあらわる!
    私の一番昔からのブロ友さん。
    私が初めてできたラン友さんだ。

    その当時からずーっと、お互いサイドバイサイドのバトルを繰り広げて来た。
    2年前もラスト2kmまでサイドバイサイド、僅差でお互いPBを出した。

    私のハーフのPBはその時の1時間22分台。

    だが昨年から仕事でウルトラ系80〜100kmの大会が増え、スピードは失われていった。
    今年は3回横浜月例20kmに挑んだが、全て15kmあたりで失速しワースト記録の連続だった。
    ロードはここまでほとんどうまくいっていない。

    なのでものすごく慎重なレースを展開した。

    ペースはとにかく3分55で刻む。少しきついと思ったらすぐに4分へ落とし、余力を残すことを意識。ピッチ走法で呼吸と腹筋、腕振りだけで足を前に出す意識を心がけた。

    とにかく潰れないように。そこだけに集中。

    しかし、入りを抑えたおかげか、7kmぐらいから体が動き出し、気がつくと3分45とかに入るようになり始める。
    すぐに緩めて3分50に落とす。
    落とすとなんか楽だ。
    ん?今日は体が動くなあ〜

    そう思い始めていた。
    せーきちさんは自分の約150mぐらい前を行っていた。
    私の集団は綺麗に3分55で進んでいたが、折り返してからどうしても遅いと感じ、集団から抜け出し始める。

    ペースダウンするランナーをひたすら抜き続け、おそらく3分50ペースぐらいの一つ前の集団を追う。

    そのグループの前の方にせーきちさんが見えている。少しずつ、距離が詰まって行く。
    15kmあたりてSTCのなんとかブーストと言う、悪魔のジェルと噂されるジェルを飲む。

    非常に高価なジェルだが、ラスト約15-30分、ミラクルな追い込みが効くと噂されているジェルだ。
    しかし、ジェルを一滴残らず飲もうと、頑張ってチューチューしたら呼吸が不足してすごい苦しくなった!!

    一旦呼吸を落ち着かせ、またじわじわと追い上げる。
    ついに前の集団を捉え、次々に抜かすがせーきちさんもペースを上げている。
    ラスト3.5km最後の折り返しでせーきちさんにサイン。お互いの健闘を讃える。
    折り返して、最後のスロットルを開ける。腕をしっかり振り、腹筋出足を前に。かなりきつくなって来たが、まだ垂れてはいない。
    じわりじわりと、せーきちさんに迫るも、せーきちさんもナイス粘り。お互いペースダウンするランナーをどんどん抜かしながら順位を上げて行く、ラスト1.5kmついにせーきちさんの背中を捉える。

    しかし、追いつくのにかなり消耗。イエローランプが灯り、一旦せーきちさんの背後で呼吸を整える。
    ゴールに向かい左折すると、最後の長い直線へ入るところで、わずかに登る。ここで満を辞してスパート!
    行くぜ!せーきちさん!
    グワッと上げたつもりだがピッタリつかれた。自分も思ったほど余力が無く、一度スロットルを戻す。
    そしてまさにサイドバイサイド、ラスト1kmの勝負へ。

    ラスト1kmの看板を過ぎ、意を決して最後の一発を打ち込む。
    どおりゃああ!!

    久々のせーきちさんとのバトル、お互い正面からぶつかりこのバトルは本当に痺れた。

    時計を見るとまだ1時間17分前後!
    速い、今までで最も速い!
    もう意識が限界で正確な計算は出来なかったが、もしかしたら憧れの20分切りが可能かもしれない!

    そう感じた。

    呼吸は限界に上がり、指先がビリビリ痺れ、ふくらはぎもビリビリと限界が迫る。あとは最後に左に曲がり日清工場にはいればゴールだ。
    左折はまだか!まだ来ないか!
    必死に腕を振るが、足が前に出なくなって来た。
    うー、せーきちさんに追いつかれるかも!
    前を追え!前を!
    必死に言い聞かせ、狭まる視界の中前のランナーを追う。

    左に曲がって行くランナーが見える!
    もうすぐ、もう少し!!
    時計は20分を回った、でもいい!
    PB確定だ!

    最後に左折し、フンガーっ!!
    ともがいてゴール!!

    1時間20分45ぐらい!!
    やった!!
    PB更新!!

    そしてすぐ、せーきちさんゴール!!
    お互い大幅なPB更新だ!

    握手して、お互いの健闘を称え合う。
    2年前も超僅差の戦いだった。
    本当にせーきちさんとのバトルは楽しいし充実している。

    せーきちさんが居なければ絶対このタイムは出なかった。

    最近ロードもトレイルも記録更新が出来なくなって、モチベーションが上がらない日々が続いていた。

    でも今日は久々に自分は成長できていることを実感し、最高な気分でゴール出来た!
    心からレースを楽しめた!

    良きライバルの、せーきちさんに心から感謝したい。

    またこれで頑張れる。

    ゴール後、スタートで一緒だったTさんにも再開。なんと1時間14分台PB更新だそうだ!

    すげー!!
    いい刺激になる。

    Tさんと私は同い年。
    今年はウルトラトレイルオーストラリアに出るそうで現地でまた会えるかもしれない。

    40になってもまだまだ強くなれる。
    またこれを機にがんばろう!
    久々に最高の充実感。
    神奈川マラソン、コースはつまらないが記録を狙うには最適なレース。
    出てよかった。
    これで気持ちよく、トレイルシーズンに入れる。

    また頑張ろう!

    川崎月例で、爆死

    • 2017.01.29 Sunday
    • 14:30
    Vibram100k後 1mmも走らずに、2週間ノーランで川崎月例へ。
    3km 10分42. 10km ワースト記録39分02 最後km4がキープ出来ずT_T。

    初めて10km走った時でさえ38分台だったのに。 ああ、どんどんスピードが落ちて行く(>_<)
    原因は分かっている。できない食事コントロール、ベスト体重+2kgからどうしても落とせない精神的弱さ。

    大阪国際みながら、自分のヘタレ具合を深く反省。来週の神奈川マラソンは間違いなく地獄の修行になりそう。1時間25分切れたら御の字かもしれない。なんとか立て直したい。
    とにかく2kg痩せりゃいいのに、なんでできないかなあ…情けない。T_T

    初体験 ロードの楽しさ!神奈川マラソンで自己新達成!

    • 2015.02.02 Monday
    • 01:28


    昨年、私のラン人生初出場のロード大会、神奈川マラソン。
    自宅から約10kmと、年間スケジュールで最も近い大会。
    コースは磯子駅直ぐ裏の日清オイリオ工場敷地から京浜工業地帯の中を走る、正直トレランナーからすると
    面白くも何ともないハイライト無しのストイックロードコース。
    ただ、適度にコースが方向を変えるため、風の影響が比較的少なく、フルフラットでタイムが出やすいとの事。

    昨年何にも解らずただただがむしゃらに走って1時間23分後半のタイムを出し、唯一走ったハーフなのでそれが私の自己記録なのだが、3週間前の人生2回目の千葉マリンマラソンでまさかの突風とハンガーノックで、歩くと言う大失態をかまして1時間26分と、私のラン人生始まって初のタイム後退を経験した。

    自分が思っている以上に精神的ダメージを受け、かなりウツウツしていた。
    失速の原因は自分で作っていた事、補給、食事をミスしていた事、減量に失敗した事。
    自分の甘さに、自分のコントロールの弱さに自暴自棄に成っていたのだ。

    この3週間、自分なりに食事コントロールはかなり頑張った。
    大好きなジュースや炭酸飲料を封印。お菓子も封印。
    砂糖の含まれる食べ物は朝以外極力とらず。
    夕食は炭水化物を最大限制限。
    野菜とちくわ入りみそ汁や、豆腐などでしのいで来た。

    正直体重はあまり落ちなかったが、明らかに体が引き締まった。

    千葉マリンからの3週間、練習は3回しかしなかった。
    10kmのビルドアップ通勤ラン、サブスリーペースからラスト2kmは3分50台でビルドアップ。
    そして神奈川マラソン5日前に、鎌倉アルプスで約600mのトレイルの急登を8本全開インターバル。
    1日は回復走のジョグ8km。
    以上。

    練習量を考えると不安だった。また最後失速し沈没するのではないか。。。
    ハーフが怖かった。

    今回は私のトレラン最高のライバルでブログ仲間のせーきちさんが参戦と言う事で、再開を楽しみに会場入り。
    やっぱり仲間が居るって嬉しい!
    せーきちさんは今年ハーフ1時間22分前半の超速自己記録を更新したばかり。

    トレイルもショート系のレースでは私と常に抜きつ抜かれつ、いつも良い勝負でともに認める良きライバル。
    せーきちさんの存在は私にとって本当にランライフの心の支えであり、ランを初めて最初に声をかけてくださった
    かけがえの無い私の最初のラン友さんである。

    スタートも共にAブロック。

    今回の私のテーマは、とにかく落ち着いてゆっくり入る事。15kmまでは絶対に上げない事。
    風に無理に逆らわず、キツいときは押さずにゆるめて、リズムが取り戻せたら自然にリズムアップ。ペースにこだわらず、自分との対話に集中すること。
    このテーマをしっかり胸に刻みスタート。

    そして今回は秘密兵器を投入。
    名付けて「Takumi Sense Pro」
    愛用ロードシューズの「Adizero Takumi Ren」に
    先日購入した「Salomon Sense Pro」のインナーソールをセットしたシューズ。
    この「Sense Pro」のインナーソールが絶妙なクッションで、いままで足の外側に毎回マメができていたのが、このインナーソールで全くノーダメージになったのだ。


    iPhoneImage.png
    匠 練に Sense Proのインナーソールのマッチングが「絶妙!」

    スタートは、Aブロックながらもやや後方200〜250番手ぐらい?でスタートした為、スタートチェックまでやや時間がかかった。10秒程度か?
    スタートから1kmは抜かす事にやや苦労し、必然的にペースは上がらず、4分05秒ぐらいで入る。

    右折して海沿いの道になると走りやすくなり、自分のペースを探す。
    「あげるな、あげるな」
    心でつぶやく。
    いきなりGPSがうまく補足できなくなり、ペースが2分50秒になったり4分になったり。
    当てにならないのでタイム以外見ない事にした。

    腕振りをしっかり、腹筋で足を前に出すイメージを意識。呼吸はなるべく深くゆっくりと。
    今日は冷静に意識できている。
    無理に追い越しをかけず、じっくり休みながら、ジワジワと上げてゆく。

    10kmのタイムは39分代。今までで最も遅い。初めての昨年の神奈川マラソンよりも、先日の千葉マリンよりも10km通過タイムは遅かった。
    でも焦らない。
    結果遅くても良い。ゴールまでペースを崩さずネガティブスプリットを通す事。
    恐らく3分55〜4分ペースを維持していたと思う。
    今回は前回のハンガーノックの反省を活かし、この辺でウィグルで購入したカフェイン入りジェルを1本補給。
    iPhoneImage.png
    今回補給した、カフェイン入りジェル

    15km付近、右後ろに見慣れた水色のランシャツの気配。
    「せーきちさん!」
    さすが!ぴったりと着いてくる。
    せーきちさんとのバトルは本当に楽しい。
    走力がとてつもなく拮抗しているので、どちらが勝ってもおかしくない。
    見えなくても、ピッチの速いせーきちさんの足音が聞き分けられるようになった。
    常にすぐ後ろに来ているのが解る。

    でも、今日は自分の走りに集中できた。せーきちさんなら、負けても勝っても楽しめる。
    2周目に入り、自分がいつもハーフで失速し始める距離に入った。
    こわい。恐怖の乳酸軍団はいつくるんだ。

    ・・・
    こない。今日は来ない。一気に足を蝕む乳酸が来ない。
    腕もしっかり振れているし、ストライドも衰えない。
    気持ちもまだしっかりしているし、まだペースを上げられそうだ。
    でも、まだだ!
    折り返すと残り約3.5kmぐらい。
    昨年はその折り返しで完全に足が終結した記憶がよみがえる。
    だから今年は最後の折り返し後にペースを上げると決めていた。
    せーきちさんとは、まさにサイドバイサイドの争い。

    そして鬼門の折り返しを回る。
    「いくぞ!」
    今日初めての鞭を自分に入れた。
    腕を大きく振ると、体がふわっと前に進んだ。
    「行ける!」
    ギヤを入れた。

    ペースが上がる。
    どんどん抜かした。

    そしてずーっと聞こえていた、せーきちさんのハイピッチの足音がだんだん離れて行く。

    ラスト3km、とにかく3kmできっちり出し切る事に集中した。
    たかが3kmされど3km。
    残りの3kmのペース配分にも慎重に気を配った。
    一気に上げすぎるとラスト垂れてしまう。
    奇麗に右肩上がりのペースアップでゴールしたい。

    ジワジワと上げて行く。上がる、まだ上がる。
    最後の1kmの直線。去年はここでハンガーノックになりかけ、頭が真っ白になりkm4分25まで落ちた。
    今年は3分45秒!
    腕を全開で振り、最大限ストライドを伸ばしてスパートが入った。
    最終コーナーを曲がる時、グロスの時計は22分01秒!!
    「くそ!!22分切りは無理だった!でもネットならまだ間に合うかも!」
    「おりゃあああ!!」
    最後のダッシュを打ち込み、ゴールに飛び込んだ!

    「やった!最後まで垂れなかった!しかもせーきちさんに勝った!」
    初めてゴールまでうまくペースメイクできて、小さくガッツポーズが出た。
    「自己新確定!」
    ゴールして呼吸が落ち着いてから止めた時計は22分28秒!
    ネットタイムは恐らく1時間22分20秒以内と思われる。

    ハーフでのネガティブスプリットが初めて実現した。
    やっぱり自分はネガティブスプリッターと再認識。
    やっと、やっとロードの楽しさ、面白さが少し解った!

    せーきちさんも間もなくゴールして来た。
    ともに22分台!!

    お互いのナイスランを讃え合う。この瞬間が最高です!

    なんとその直ぐ後に、スポルティバの50代無敵の小林選手がゴールして来た!
    初めて小林選手より前でゴールした!
    それも嬉しかった。

    ロードは奥が深い。
    km5秒のオーバーペースが命取りになる。ほんのちょっとムキになっただけで、後半地獄に堕ちる。
    凄く繊細な自分との対話がとても大切なのだと痛感。
    でも、その面白さをちょっとだけ知る事が出来たのか今回の大収穫。
    それができたのも、良きライバルのせーきちさんと熱いバトルが出来たから。
    ありがとうございます!

    そして更に嬉しい知らせ。
    家族に頼んでいた「ハセツネ30k」エントリーが成功!!
    初めてのハセツネ挑戦。

    そして初フルマラソンの横浜マラソンに向けて、今回の神奈川マラソンは大変意義のある大会となりました!
    コースはつまらないけれど、また来年も記録更新目指して出ようかな?

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

    次は神奈川マラソン

    • 2015.01.30 Friday
    • 01:07




    千葉マリンハーフの大沈没のリベンジをかけた神奈川マラソンが近づいてきました。

    少しでも減量を心がけて、食事などにもかなり気をつけてみましたが、ビックリする程体重が落ちません。

    58kgを境に全く減らなくなりました。

    まだまだ腹回りにはたっぷり鷲掴みできる脂肪がたっぷり。

    このままでは、神奈川マラソンも危ないです。

    少なくとも歩かないように、なんとか自己ベスト更新を狙いたいとおもいます。









    神奈川マラソン ハーフにエントリー

    • 2014.10.06 Monday
    • 00:44


    1月の千葉マリンハーフに続き、
    2月の神奈川マラソンにエントリーしました。

    去年、人生初ハーフで走った思い出深い大会。
    初めての大規模ロードでしたが、トレイルとの景色の違いに、あくまでストイックな時計とのにらめっこのロードは、トレイルで強くなる為の修行と位置づけています。
    磯子の工業地帯を走ると言う、景色はちっとも楽しくないレースですが記録は出やすいフルフラットです。計1万人も出るそうです。箱根学連ランナーも多く出ておりレベルは高いです。
    家からチャリで行きました。

    昨年の1時間23分台を上回る、1時間20分切りを神奈川では狙いたいと思います。

    千葉マリンハーフ 目標1時間21分
    神奈川マラソンハーフ 目標1時間19分50秒

    かなり気合いを入れてしっかりやらなければ達成困難な目標を立てました。
    私は無理かもしれない目標をあえて公表して、追い込む作戦です。

    気持ちは着々とロードに向かっていますが、密かに今月の市川美郷トレイルも楽しみにしています。
    短いレースは苦しいんだよなあ・・・

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    ブログ村ランキング

    ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします!

    amazon.com トレイル

    Wet & Madならコレ

    カラビナ&iphone耐衝撃

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM