雪山滑走鍛錬の効果

  • 2014.03.07 Friday
  • 12:22
房総丘陵トレイルも中止になり、ついにSTYが2014シーズン初戦という想定外の事態。

やはり大会に出ないと非常にフラストレーションが溜まり、山禁断症状により、蓄積したアドレナリンが行き場を失って、仕事中もやたらイライラするようになって来たので、兼ねてから行きたかった某スキー場へ、あくまでSTYに向けた鍛錬という名目にて、遠征。

仕事が終わったのは22時、こっそりスキー道具一式と、常備の寝袋を積んだマイカーで一路長野方面を目指す。

環八がこんな時に何箇所も工事していて渋滞T_T。
睡魔と戦いながら、何とか松代パーキングまで来たが、自分自身が意識とは異なって、わけのわからない言葉を喋り出したので、限界を感じ、2時30分車中泊。
すっかりマイカー泊にも慣れて、快眠できるようになった。

5時半になんとか起きて、さらに進み、目的地へ。予報で分かっていたが、天気は雪。
駐車場はガラガラで6番目の到着。

今回の目的は長らくできなかった、下りに必要な筋力強化。とにかく滑りまくり、雪の影響でできなかった、長いくだりにも耐えうる体の強化を目指す。

昨夜から降り続いた雪のおかげで山頂付近のコースはふわふわパウダー!
まだ誰も滑っていない新雪に描くシュプールは最高!

空いているからリフト待ちゼロ。
ひたすら全コースを攻めまくった。
スカイラインコースはかなりのロングだが、極力ノンストップで滑り降り、下半身強化。
下り切ると乳酸で下半身全体がパンパン。

リフト乗り継ぎなどで、普通は歩く登りなどもあえてストックを使い、スケーティングで登り、上半身もぬかりなく。標高も1500前後なので多少は高地トレーニング効果も期待。

もう、お腹いっぱい、となるまでひたすら滑り、最後は全く踏ん張れなくなって、怪我しそうな感じがしたので、撤収。

兼ねてから行きたかった、名所の大湯へ。

木組の伝統建築が素晴らしい。
中はこぢんまり、脱衣所と風呂場が直結しており、一瞬戸惑うが無駄のないシンプルな作り。濃い硫黄の香りがたまらない。
浴槽は木製で、熱湯とぬる湯に別れているが、ぬる湯でもかなり熱め。
熱湯は相当熱め。
当然シャワーなどなく、湯船からケロリンですくって、体を洗い、入浴。
んんっ、最高!

建物の風情と言い、硫黄の香りと言い、五感が満たされます。

熱湯にもしっかり浸かり、いい感じに茹で上がり、退出。
体から湯気を立ち上らせながら、湯畑の麻釜へ散歩。

古い神社を望む小ぢんまりした麻釜。

麻釜の隣の鄙びた土産屋で、野沢菜をつまみに、温泉卵とほうじ茶を頂く。裸電球に照らされた野沢菜を麻釜の硫黄の湯気を感じながら食す幸せ。

はるばる、やってきてよかった!

今年は雪にたくさん悩まされたが、今日は雪にたくさん楽しませてもらった。

翌日、下半身全体、特に大臀筋、背筋、腹筋腹斜筋、上腕二頭筋など、全身が見事な筋肉痛。
雪山滑走鍛錬が十分な効果を発揮したことを確認し、ほくそ笑むのであった。

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村










休みの度に雨か雪、ならば雪山へ

  • 2014.03.05 Wednesday
  • 07:48
前の休みも雨で大嫌いなモルモット練(トレッドミルでひたすらT_T)だった。
今日こそは、と思ったら東日本、関東全域で大雨と逃げ場すらなし。

んなら、雪山行ってやれ!と、夜間移動で野沢温泉スキー場へ!

こっちも降ってるけど雪だからまだ良い。
ガラガラだし、滑りまくって下り筋の強化に努めよう!
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

苗場

  • 2013.01.15 Tuesday
  • 23:22
JUGEMテーマ:スキー&スノボー


13−14苗場へ。
12、13は快晴で最高だったらしいが、14日は雪。
かなり降っている。
いつも苗場だけで満足していたが、家族には若干厳しいコースが多いとのことで
初めてドラゴンドラにのってかぐら方面へ。
ドラゴンドラはおそらく相当な資金を投入して作られた片道20分の立派なゴンドラだが、ガラッガラ。
採算は取れているんだろうか?

かぐらは天気のことも有りとてもすいている。
コースは緩やかで気持ちのよい初級向けで家族も満足。

帰りは月夜野温泉のまんてん星の湯へ。
気持ちのよい雪見風呂と2回の座敷食事どころのご飯がとてもおいしく、苗場帰りはいつもここへ寄る。
その場で炊き込む釜飯定食や、みそうどん鍋定食など、ひと工夫されたお手頃定食がお気に入り。

帰りの関越もスイスイ、と思っていたら??? 本庄児玉から通行止め!!
こっからが戦いだった。
大雪で大半の高速が通行止めとなり、主要国道も迂回者で大渋滞。
ひたすら小道の裏道をつなぎつないで川越に着く頃に関越は開通。
再度高速に乗り練馬へ。
やっとかえれると思いきや、環八が致命的麻痺状態。
一通の細い路地をつないで2時間以上かけて東名へ。
首都高通行止めで、反対車線は地獄の渋滞。

結局苗場から6時間かかって帰宅。
首都圏は雪に弱すぎる・・・
ノーマルタイヤで走れる訳無いっしょ・・・

スタッドレスつけましょう。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ブログ村ランキング

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします!

amazon.com トレイル

Wet & Madならコレ

カラビナ&iphone耐衝撃

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM