スポンサーサイト

  • 2018.09.30 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    熊出!?STY対策 大倉〜三の塔〜塔の岳〜蛭が岳〜玄倉林道〜ユーシン〜雨山峠〜鍋割山〜大倉

    • 2014.03.18 Tuesday
    • 00:06



    三の塔からの富士



    前回の雪山長時間練では4ピン軽アイゼンで蛭が岳まで危険すぎて行けず、1390円でゲットしたモンベルチェーンスパイク風アイゼンを購入し、蛭が岳登頂を目指す。

    さらに今月長時間練が出来るのは今日ぐらいしか無い事が解り、出来る限りのロング練を目標に大倉を朝7時30分に出発。

    バス停裏手の吊り橋を渡り、私の定番コース三の塔尾根をのぼり、烏尾山〜塔の岳を目指す。
    烏尾前後はドロドロのぐちょぐちょ。雪は既にありませんでした。





    人間の手のひらサイズの巨大な足跡!もしや、、

    塔の岳手前の山小屋あたりでものすごい大きな獣の足跡を発見。しかも非常に新しい!!

    こ、これは。。。

    心配になり、ストックを何度も叩きながら音を出して警戒。
    でも、熊の足跡ってこんなだっけ?
    しかしこんなデカイ犬もいないだろう?

    ところで、今回使用したのは「モンベルチェーンスパイク風アイゼン(1390円)」。
    このアイゼン、、、

    とーってもすばらしい!!
    以下当てはまる人には大変お勧めできるトレラン用アイゼンです。

    良かった点
    1:着脱が非常に簡単(つま先をまず入れてかかとのゴムバンドをぐいっと伸ばして、かかとにはめるだけ)
    2:8本の爪が確実に雪面や氷をとらえ、4ピンに比べ飛躍的なグリップ
    3:ペアで400グラム弱と比較的軽量
    4:雪の上では軽快に走れるうえに、雪が途切れたマッドのトレイルや多少のガレ場もつけたまま走れる。
    5:何度もつけ外しが面倒で、かなり雪の無いトレイルも走ったが全く深刻なダメージなし。
    6:ザックにバンジーコードで挟む際は爪側を内側にして、2つを合わせるようにしてから半分に折り畳めば、それほど爪がザックを傷つける事無くバンジーコードで止められる。
    7:サロモンスピードクロス(サイズ26.5cm)とは相性が良いようで、走行中外れたり、外れそうになる事は全くなかった
     (ただし、小さいサイズやソールのかかと部分のボリュームが少ないシューズ、超軽量で薄いソールのシューズには合いにくいかも)

    注意が必要な点
    1:強いゴムバンドの力で固定する為、着用時シューズが反り返るため、力を抜いていると足もやや反り返る(着地時は問題ない)
    2:そのため、軽量で柔らかいソール、薄いソールのシューズではよけいに反り返りが強くなると予測されInov8の軽量ライン等のシューズには合わない可能性あり
    3:かかとのボリュームがあるスピードクロスはそこにちょうどゴムバンドがかかり、非常に高い固定力があったが、そうで無いシューズは走行時にズレたり、外れる可能性がある。
    4:サイズが小さいシューズだと、その分固定力が下がるので23〜24cmあたりの人は注意が必要かも?




    塔の岳手前 クマの足跡が(T ^ T) しかもフレッシュ!





    で、出たー!シロクマがああ!

    すっごい人懐っこいかわいいシロクマ。
    熊ではないかと恐れる程でかい足跡の主は、塔の岳で遭遇!!

    でっかいピレネー犬!ふわふわでかわいかったなあ。

    もう一匹馬のようにでかい、あれは何犬というのか?ものすごい大きな犬もう一匹も。





    塔の岳〜丹沢山は相変わらずベストスノーランフィールド。
    でも後1〜2週間ぐらいで消えるかもしれません。





    丹沢山〜蛭が岳へのルート。何回きてもキツイ!でも壮大で綺麗!

    蛭が岳を無事に制覇。檜洞丸にはラッセルしないと行けないらしく、少し戻って、棚沢の頭から玄倉林道へ降りるルートに2名のトレースがあったので降りることに。
    しかし、ここもかなりアドベンチャールートで運良く足跡を辿れたが、かなりロストしそうなルート。
    微かに木にテープでマーキングしてあるが、雪の影響でもとのトレイルもほとんど解らず、行く時は十分な注意が必要です。
    非常に急な下りが続き、落石しやすいガレガレの道もあるが、一気に玄倉林道(ユースンロッヂ方面)まで下れるルートです。




    わ、渡れん!!橋が落ちている!
    下り切って玄倉林道に出るための橋が落ちている!




    お!隠れハシゴが!
    なんとか渡れた。




    玄倉林道から雨山峠へのトレイルは崩落箇所だらけで誰も通っておらず大変危険でした。当分は通るべきではないです。
    断崖にかけられた丸太橋が落ちていたり、橋があるかと思ったら手すりの鎖だけだったり。何度か肝を冷やしました。

    なんとか必死の思いで、鍋割峠から鍋割山をめざすが、ここも凄い鎖場など相当な厳しいルートでした。
    朝7時半から17時45まで、みっちり動き続け、かなり充実した一日でした。
    この練習は必ずやSTYで役立ってくれる事間違いなし!

    完全に出し切り、秦野湯花楽でとろけました。。。

    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト

    • 2018.09.30 Sunday
    • 00:06
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんにちは(≧∇≦)

      白熊とカモシカの飼い主でーす♪

      その節は…驚かしてすいませんでした(^^;;

      あの後、蛭まで行ったんですね〜…すごい(≧∇≦)

      僕の友人にもトレランやってる人が何人かいまして…今度のハセツネ30kも応援しに行きます(≧∇≦)

      またお会いできる時があるでしょうね♪

      これからも宜しくお願いします〜(≧∇≦)
      コメありがとうございます!まさかブログを発見いただけるとは!本当にかわいいシロクマとカモシカでした!ハセツネ30Kはクリック合戦で敗戦してしまい出れませんでしたが、来週の青梅高水山30k、UTMF STYに出ます。塔の岳、蛭が岳はよく行くのでまたどこかでお会いしましょう!
      • うつぼん
      • 2014/03/26 11:11 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      ブログ村ランキング

      ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします!

      amazon.com トレイル

      Wet & Madならコレ

      カラビナ&iphone耐衝撃

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM