スポンサーサイト

  • 2017.11.30 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    原点 クラシックトレイル

    • 2016.02.16 Tuesday
    • 00:27

    2016年のレーススケジュールはとても難しい。
    次々と新たなツアー企画を作るため、当初出ようとしていたレースに出れなくなることもある。
    出張が入ってDNSを余儀なくされることも。

    計画的にレースを入れることは難しい。

    だけど出られるかもしれないレースにはエントリーしておかなくては、もし新たな予定が入らなければ出られなくなってしまうのでエントリーしておく。

    頭を悩ませつつ、出れそうな時期の大会を探す。

    6月にはモンブランマラソンのリベンジ。そこに照準を合わせたい。
    82kmで6000mの獲得標高。ミドルレンジとしては最強クラスのスカイランニングウルトラ。
    目標は昨年達成できなかったトップ100にするつもりだったが、ワールドシリーズから外れたことでトップ50、サブ15を狙うことにする。
    昨年グロッキーになり17時間48分かかってしまったタイムを約3時間縮めようという、なかなか無謀な目標だ。
    だけど目標設定は高くないと進歩できない。停滞する。

    そのためには4月5月のレーススケジュールは重要だ。
    距離よりも獲得標高。

    そんなわけで探しに探して出られそうなレースは。。。

    結局、結局ここか。。

    4月 ハセツネ30k そして 東丹沢宮ヶ瀬トレイル
    5月 道志村トレイル

    実にクラシックな内容に収まった。

    トレイルランを始めて3レース目に走ったのが東丹沢。
    このレースは天気に恵まれない名レース。
    確か自分が走ったときも、とんでもない土砂降りでコース変更、ロード区間だけ11kmを往復し22km。
    申し訳程度にゴール地点の駐車場のダートを走らされたときはびっくりした。
    正直、つまらなかった(笑)本来のコースではなかったから。。

    たしか、その翌年も積雪か何かでまたもやロード区間で折り返しだったはず。

    本来のコースは最初の約10kmは登り基調のロードできつくてつまらないが、そっからのトレイルバーティカル的登りはなかなか激烈。完全なスカイランニング的、一気登りで一気下りのレース。

    そして、私がトレイルを始めてから望んではいないものの結局毎年出場し続けている、唯一の大会。
    そう、「道志村トレイル」

    去年はついにトップ30を切り、28位だったかな?
    7時間切ったんだっただろうか?いまいち思い出せないが、かなり出し切って、もう来年は出ない!と心に誓ったはずなのに。。。

    5月関東圏でレースを探すと以外と少ない。
    この道志村か越生トレニックワールド、ぐらいしかなかった。
    どちらか迷ったが、モンブランマラソンの準備としてふさわしい内容のレースは、やはり道志村だ。

    再度クリックするには勇気がいった。
    あの激烈きついコースがまざまざと思い出される。
    スタート猛ダッシュさせられ、いきなり急登のロードから約15kmまで急登に次ぐ急登。
    時々現れる下りも激烈急斜面。必ず親指の爪が死に、御正体山の激烈な登りに顔を歪め、菰釣岳に向かう容赦ないアップダウンに足を削られ、道の駅への鬼のようなガレ急下りに大腿四頭筋はやられ、道の駅から先はとどめの拷問のような上に連なる超激坂の鳥の胸山で必死にロープを手繰り、出し切った足に止めの延々続くダウンヒル。。。

    ああ、思い出すだけで吐き気がする。
    いやだ、いやすぎる。。
    でも、でも、く、クリックしてしまった。。。
    ああ、きっと菰釣山の手前で後悔するのだろう。なぜまた出てしまったのか、と。。

    でも唯一、道志の希望の光。
    「道志には女神がいる」

    道志村トレイルには毎年いらっしゃる、超美人スタッフさん。
    毎年毎年思う。
    なぜにこんな美人の方が、泥まみれ汗まみれの変態おっさん達が集まる、道志のスタッフをされているのか? なぜ?というのも失礼か。。大変ありがたいことだ。
    毎年かならずランナーにナンパされている。(笑)
    あの女神が道志村トレイルからいなくなったら、道志村のエントリーは半分になるのではないか?(冗談です)

    道志村でトップ20、狙ってみようと思う。
    走り始めた頃、道志や北丹のトップ20ランナーはまるで神のように見えた。
    その領域に挑戦してみたい。
    去年ついにトップ30の壁を破った。だったらそこを狙うしかない。

    そして昨年ついに後ろ姿を捉えた女王に勝ちたい。
    女王 大石選手。
    私が日本で唯一、一度もレースで先着したことがない女子ランナー 大石選手。
    最近は故障の影響で苦戦されているが、未だ全盛期の彼女を超える日本人女性ランナーはいないのではないだろうか?

    このブログを書いていて、だんだんやる気が出てきた。
    2017年は絶対でないぞ!
    だから、がんばろう!

    UTMB注目のツアーはこちら!!
    大瀬和文選手と行くUTMB,TDS,CCC.OCC参加ツアー

      http://www.fields-on-earth.com
    New 万里の長城マラソン 参加ツアー 5月21日
    海外トレイルランニングツアーはこちら!
    続々更新中です。サイトに無い大会でもお問い合わせください!

    にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村
    ワンクリックありがとうございます!励みになります!!

    スポンサーサイト

    • 2017.11.30 Thursday
    • 00:27
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      ブログ村ランキング

      ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします!

      amazon.com トレイル

      Wet & Madならコレ

      カラビナ&iphone耐衝撃

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM